スポンサーリンク


百円均一の重曹・クエン酸パワーで水まわりはピカピカ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


生活

重曹・クエン酸

あなたは重曹をご存知ですか? 又、クエンをご存知ですか?

あなたは重曹を何に使われますか? 又、クエン酸は何に使われますか?

重曹とは炭酸水素ナトリウムで、「重炭酸ソーダ」を略したものです。

重曹は脂汚れやこびりつきをとり、消臭効果があり、キッチンの掃除に使います。

クエン酸とは「酸っぱい」と感じる酸味の成分です。

浴室やトイレの掃除にはクエン酸が適しています。

 

スポンサーリンク

重曹とは

 

炭酸水素ナトリウムで、「重炭酸ソーダ」を略したものを

「重曹」と呼ばれています。

食塩を電気分解し、そこに二酸化炭素を加えて作られいます。

意外と身近なものから作られているようです。

重曹は白い粉末状のものです。

 

使い方をご存知の方も多いと思いますが、以下の様な特徴があります。

重曹は、弱いアルカリ性で、酸を中和する作用があり人体には無害な物質です。

膨らし粉(ベーキングパウダー)の主成分として知られています。

又、結晶が丸く粒子が細かい事から、研磨作業に用いられます。

その他、消臭作用や吸湿作用、発泡・膨張作用があります。

 

クエン酸とは

 

「酸っぱい」と感じる酸味の成分です。

クエン酸は古くから健康維持に役立つ事が知られ、活用されてきました。

しかしこのような健康パワーあふれるクエン酸のメカニズムは、あまり多くの事が

まだ明らかにされていません、今現在でも研究が進められています。

クエン酸を、多く含んでいる食品といえば、梅干しやレモン、

オレンジなど柑橘系の果物がよく知られています。

クエン酸は白色、または無色で水に溶けやすく熱にも強いことから、清涼飲料水や

お菓子、ジャムなどの味を良くするための酸味料としても幅広く使用されています。

 

あなたは重曹・クエン酸を何に使われますか? 

 

ドラッグストアやスーパーには数えきれないほどの様々な洗剤が溢れていますが、細かい用途別に分けて購入していたのでは、置き場所も必要です。

毎日使う汚れやすい水回りをキレイに保つには、低コストでシンプルな昔からある重曹とクエン酸がおすすめです。

 

掃除道具と洗剤は使う場所に適したものを選ぶ

 

キッチンには重曹が、浴室とトイレにはクエン酸が適しています。

今までは水で薄めて小けしてスプレー容器に入れていましたが、すでにスプレー容器に入ったスタイリッシュで使い勝手の良い、重曹とクエン酸のスプレーがセリアで売っていました。

掃除が苦手な人も、スプレーしてしばらく置いておくだけで、こすらなくてもラクに汚れを落とすことができます。

 

パックがおすすめ

 

キッチンのシンクには重曹水のパックがおすすめ

 

重曹は脂汚れやこびりつきをとり、消臭効果があります。

重曹水を気になるところにスプレーし、キッチンペーパーを貼り、さらにもう1度重曹水をスプレーして1時間ほど置きます。その後スポンジで軽くこすり、洗い流します。

蛇口などの細かい部分は重曹水をスプレーして、使い古した歯ブラシで磨くと簡単に汚れがとれます。

排水口のぬめりや嫌なニオイも、夜寝る前にスプレーしておくと翌朝はスッキリときれいになっています。

鍋やフライパンなどの油汚れや、染みついた茶渋などの汚れも、スプレーしてしばらく置いておくとキレイに落とせます。

浴室小物のの汚れ落としにはクエン酸スプレーが最適

 

クエン酸は梅干しやレモンに含まれている酸味の一種なので、金属類や大理石、ステンレスなどに適しているとは言えないので、浴槽洗いは専用の洗剤を使うようにしましょう。

しかし、浴室のイスや洗面器についた汚れや、シャンプーやボディソープの裏についた水アカなどは、クエン酸水をスプレーして、1時間ほどそのままにしておくとキレイに落ちます。

便器の汚れにはトイレットペーパーのパックがおすすめ

 

便器内にトイレットペーパーを敷いた上からクエン酸水をスプレーして1時間ほどそのままにしておくとキレイに落ちます。

その後、便器のふちの裏側や温水便座のノズルなどは、使い古した歯ブラシでてこするとラクに汚れが落とせます。

*クエン酸は塩素系洗剤と混ぜて使うと危険なので注意しましょう。

 

汚れは早めに落とす

 

当たり前のことですが、汚れが積み重なると頑固な汚れになって、なかなかきれいに落すことができません。

パックなどで、汚れをゆるめてから落とすようにしましょう。

ふだんは忙しくて時間が取れない人も、例えば第1土曜日は掃除の日などと自分でルールを作っておくと、頑固な汚れは回避できます。

 

まとめ

 

重曹とは炭酸水素ナトリウムで、「重炭酸ソーダ」を略したもので脂汚れや、消臭効果があり、キッチンの掃除に使います。

クエン酸とは「酸っぱい」と感じる酸味の成分で、浴室やトイレの掃除にはクエン酸が適しています。

洗剤はシンプルに選び、場所別において置くと気がついた時にササっと掃除ができます。洗剤と一緒に使い捨てできるボロ布を手のひらサイズに切って置いておくと、水気が残らずキレイに仕上がります。

仕事などで掃除の時間がとれない人も、歯磨きの後で、ボロ布で鏡を拭いたり、トイレに立ったついでにクエン酸水をスプレーしておくなど、次いで掃除を心がけるといつもきれいを保つことができます。

 

無理なく節約100均生活百科

https://okodukaijyuku.com/setuyaku/

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

  • プライバシーポリシーをご覧ください。

 http://nurukanpou.com/puraibasi

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

 

****************************

 


スポンサーリンク


生活
スポンサーリンク
nurukanpou-yamaをフォローする
縁と緑の力無限

スポンサーリンク