スポンサーリンク


今の時期にアロマ精油<ティートリー>とアロマテラピーの歴史

スポンサーリンク

スポンサーリンク


アロマテラピー

◆今の時期に「アロマ精油<ティートリー>お試し下さい。

★香りを覚えましょう。

今回は初めにあなたは

アロマテラピーを何にに使いたいとお考えですか?

1、香りが好き

2、香りを嗅いでみたい

3、興味があるから

3、資格を取りたい

4、資格を持っている

スポンサーリンク

★アロマの資格をお持ちの方

 (アドバイザー・インストラクター)
 
 資格をお持ちの方は沢山居られますが

 あなたは何の目的で資格を取れたのですか?

 資格を活かしてどの様に起業に活用しようとお考えですか?

 他の人、又は同業者との差別化をどの様に図るつもりですか

 あなたは何年に資格を取られましたか?

 ただ、年会費を払っているだけですか

 年4回のアロマ誌をタダ「目」を通しているだけではないですか

 いつか資格が活かせるのではないかとお考えではないですか?

 資格をお持ちの方、意見をお聞かせ下さい。

 http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

■香りのイメージング

香りの塗り絵  「香りを嗅いでみましょう」

香りがあなたに、ささやきかけるメセージに耳を傾ける。

・香りが呼び起こす、イメージを思い浮かべる。

・香りが思い出させる、感覚を感じてみる。

・何か感情がおこってきたら書きとめてください

■アロマ精油のプロフフイール

<ジニパー> 

  科名:ヒノキ科

  主な産地:ハンガリー

  抽出部位:果実

  精油製造法:水蒸気蒸留法 

主要成分:αピネン

作用:利尿・鎮痛・抗菌  

漢方的:腎、膀胱・水滞

 
 透き通るようなシャープな針葉樹の香りです。

 お酒のジンの香り付けにも用いられます。

 発刊を促し、尿を出させる作用があります。

 *この香りは、頭脳明晰作用が有り、精神の目覚め

  意欲を促し集中力を増してくれます。

 *浮腫みを取り、授乳中で排尿が滞っている人の

  母乳過多のバランスを取ります。

 *筋肉痛や関節痛、月経痛等を緩和してくらます。

 

<ゼラニウム>  

 科名:フウロソウ科

  主な産地:フランス

  抽出部位:葉

  精油製造法:水蒸気蒸留法 

主要成分:シトロネール

作用:緩和・ホルモン分泌調整・防虫  

漢方的:腎、膀胱・気虚・血虚
   

 バラのような明るい香りです。

 特に女性のホルモンの調整作用があり、

 月経前の緊張などを緩和します。

 また、身体の老廃物を排泄する作用もあります。

 *甘く優しい香りを持つ精油です。

 *生理のリズムの乱れを調えます。

 *更年期障害を和らげます。

 *むくみを改善する働きがあります。

 *スキンケアによく用いられます。

 

<ティートリー>  

 科名:フトモモ科

  主な産地:オーストラリア

  抽出部位:葉

  精油製造法:水蒸気蒸留法 

主要成分:テルネリン

作用:免疫賦活・消炎・鎮痛・抗菌   
  
漢方的:肺、大腸・気虚・オ血 

 殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用に優れた精油です。

 風邪の季節のよどんだ空気を浄化したり、

 消毒に用いることができます。

 *ティートリーとありますがお茶ではありません。

 *強い香りを持つ植物でオーストラリアの先住民族が古く

  から傷薬として用いてきました。

 *強い殺菌力を持ち、皮膚の消毒や化膿止めとして用いれれて

  います。

 *免疫力を高める、感染症の初期の予防にもよいと言われて

  います。

 *リフレッシュ効果もあり、精神的な落ち込みにも対処

  してくらます。

・・・・・・・・・・・・・・・
◆今の時期にお試し下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・

■アロマテラピーの歴史①

アロマテラピーの歴史

古代から香りはその効果を認められていた。

宗教的な儀式。ミイラ作り:ミルラ等防腐剤

薫香や浸剤という用い方が主流

・薫 香::焚いて煙を利用する。

・浸 剤:浸剤:漬け込んで作る

東洋における伝承医学の発展
   
 インド:アーユルヴエーダ、3000年以上の

 歴史を持つと推察される。
   
 中国:薬物について書かれた本を本草書と言い

 最古のもの2~3世紀漢時代
 
 神農本草径:揚子江文化圏。

 (マテリアル・メディカ)と並んで有名 
 
 神農本草径の区分:上・中・下(品、薬)
    

 神農は伝承ではBC2700年頃の人
    
「神農本草径集主」5世紀末陶弘景(再編纂)

 古代エジブト、メソポタミア文化のも多くの

 香りが登場しています。薫香、浸剤

 旧約聖書の中にも香りが出てくる。

 アレキサンダー大王東西のハーブやスパイスが

 交易品として盛んにおこなわれた

 クラオパトラ、ローマの独裁管、カエサル

 薫香:焚いて煙を利用する。

 浸剤:漬け込んで作る。

 ・ヒポクラテス:医学の祖(父)。

 ・テオフラストス:植物学の祖。

  (紀元前)デオスコリデス:薬学の祖
       
 ・プリニウス:博物学の祖。

 ・サレルノ医科大学:10世紀終わり頃に作られた医科大学
            (サルネラ養生訓)

 ・十字軍の遠征:地中海世界の文化交流を促した。

 ・ハーバリスト:ハーブを中心とする、薬用植物の研究

 ・ジョン・ジェラード:本草あるいは一般の植物誌

 ・ニコラス・カルペパー薬草誌

 ・17世紀末、ケルン水:オーアドミラブル(しばらしい水) フエミニス
   
  (フランス語・オーデコロン商標登録)。医薬品としての役割

 ・19C薬用植物から有効成分が分離精製される。
   
   (薬や香料が作りだされる)

 ・ルネ・モーリス・ガットフォセ:アロマテラピーを著した

   アロマテラピーという用語を造語   (1930年代)

 

 ・ガレノス:アラビヤ医学に絶大な影響を与えた人物

  (コールドクりーム)。

 ・僧院医学:教会や修道院を中心に起こった医学。 

 ・十字軍:地中海世界の文化の交流を促した。

 ・イブン・シーナ:アラビヤの哲学者。精油の蒸留法を確立。

 ・フエミニス:ケルン水(オーデコロン)
       
 ・ルネモーリス・ガットフォセ:アロマテラピーという用語(造語)

 ・ジャンバルネ:精油の薬理作用を実証。

 ・マグリット・モーリー:アルマテラピーに
  
            ホリスチックな方向性を与えた

 ◇アロマテラピーの学術的研究

  
  ・パロオ・ロベスティ:世界初心理作用の臨床例
  
  ・ガッティー・カヨラの共同研究:神経作用、スキンケアへの応用
 
  ・ジャン・ハバルネ:アロマテラピーの実践
    
    (AROMATHERAPIEを著した)
  
  ・フランスでは主として精油を薬として用いる。

  ・ホリスティック・アロマテラピー
  
  ・マルグリット・モーリー:生化学者でもあり美容家
 
  ・英国各地にアロマテラピースクールが開設
  
  ・シャーリー・プライス。ロバート・ティスランド(芳香療法理論と実践)

 ◇日本における研究   

  ・鳥居鎮夫:随伴性陰性変動:ラベンダー・ジャスミン
 
 ◇日本アロマテラピー協会
   
  ・1996年4月設立の非営利団体。医学者、セラピスト、愛好家、関連企業が
   
    参加する日本最大の団体

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■睡魔は危険に繋がる

睡魔の恐ろしさは、最悪あなたの命さえも奪ってしまう事です。

居眠り運転による事故は、毎日のように起こっています。

「ついウトウトしたら、次の瞬間には命が…」という

危険性もゼロではありません。

 

貴方のストレスは睡眠不足の原因に

睡眠に不満がある方、色々な睡眠不足を解消する方法を

お話しますので「睡眠不足解消法」に登録(無料)下さい。
 ↓ ↓  ↓  ↓
https://mail.os7.biz/add/ZOUy

 

睡眠に関して、詳しくはホームページでご覧ください。

 [URL] http://nurukanpou.com

********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

漢方アロマ花テラピーついてお尋ねがありましたら

お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
  midorikamera@gmail.com

※ご質問やメッセージ等いただいた個人情報は

完全にお守りいたします。

※当ブログは信用第一に考えております。

読者さんを不安にさせるような 迷惑メールの類は

 いっさい送りませんのでご安心ください。

 ■プライバシーポリシーをご覧ください
 http://nurukanpou.com/puraibasi

  
発行情報

 [発行者] やまいち

*********************************************

 

 

 

 


スポンサーリンク


アロマテラピー
スポンサーリンク
nurukanpou-yamaをフォローする
縁と緑の力無限

スポンサーリンク