スポンサーリンク


猫に7月の花アジサイ・キキョウは要注意

スポンサーリンク

スポンサーリンク


縁と緑の力

紫陽花・桔梗に注意

アジサイは、1~2mの落葉低木です。

日本では4月頃から鉢花が出回るようですがますが、

本来の開花時期は6~7月頃です。

花の色も色々豊富で、世界的に人気の高い花です。

紫色の鮮やかな花が美しいアジサイですが、

その紫陽花のつぼみが猫にとって注意が必要です。

又、桔梗の根も猫にとって注意が必要です。

スポンサーリンク

アジサイ

葉は先がとがった楕円形で、光沢があります。

秋から冬にかけて落葉があります。

紫陽花は種からでも育てることもできますが、

挿し木や取り木をした苗や

園芸店などで鉢植えを購入したりして育てるのが一般的です。

初心者でも簡単で育てやすく、

洋風の庭でも和風の庭にもおしゃれにマッチし

毎年可愛いらしい綺麗な花を楽しめるのが魅力的です。

紫陽花の蕾

アジサイの開花時期に多少違いがあります。

長居公園:大阪市内(普通に開花します)

勝尾寺:箕面市(少し遅めに開花します)

梅雨の時期になると庭を美しく彩ってくれる紫陽花は、

日本で古くから愛されてきた花です。

花の色は青、紫、ピンク、赤、白、緑

紫色の鮮やかな花が美しいアジサイですが、

そのつぼみが猫にとっては非常に危険です。

大量に摂取しますと、こん睡状態に陥ったり、

死亡してしまうこともあります。

少量であっても嘔吐などの症状が出たりします。

元気がない等、気になる症状があるようであれば、

すぐに動物病院に相談して下さい。

キキョウ

桔梗(キキョウ)は多年生草本植物です。

開花時期は6~8月頃(夏)

秋の七草のひとつですので、

何となく秋の花のイメージがありますが、

万葉集でよまれている朝顔は桔梗のことのようです。

すっと伸びた姿が爽やかで気持ちがよく感じるからでしょうか、

武士がとっても好んだ花のようで、家紋にも用いられています。

桔梗の花を神や仏に捧げて吉凶を占っていた様です。

キキョウの根、ロベリアなどを食べると、

嘔吐や下痢、ひどいときには呼吸困難や

心臓まひを引き起こします。

桔梗はキキョウ科の多年生草本植物です。

青紫色、白色、淡いピンク色の花があります。

最近は八重咲きの品種などもあり、その種類も増えてきたようです。

真夏日でも生育が衰えず丈夫な植物です。

現在花屋に並ぶのは栽培されている初夏の早咲きの種が多く、

本来の時期に自生で咲く姿は、

ほとんど見られなくなってしまった様です。

最後に

紫陽花のつぼみが猫にとって注意が必要です。

又、桔梗の根も猫にとって注意が必要です。

猫には紫陽花・桔梗には十分に気をつけてやって下さい。

漢方アロマ花テラピー

詳しく下記をクリック下さい
https://wp.me/P9VfxL-M1

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
 http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

 [発行者] やまいち
****************************


スポンサーリンク


縁と緑の力
スポンサーリンク
nurukanpou-yamaをフォローする
縁と緑の力無限

スポンサーリンク