スポンサーリンク


麒麟がくる 明智光秀十兵衛の福知山城と城へのアクセス

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ドラマ

明智光秀 十兵衛

逆臣と言われる[明智光秀]が改築した福知山城。

織田信長の命を受けて丹波一帯を平定し

この地にあった横山城を改築し福知山城と改名しました。

逆臣と言われる、主人公のイメージとはまったく違う印象を

持つ街、それが福知山市です。

2020年NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」

大河ドラマの原点に立ち返ったともいえる、戦国時代初期が舞台になっており、

明らかに、織田信長を裏切っ「逆臣」明智光秀を主役として、

織田信長、斎藤道三、今川義元、豊臣秀吉、徳川家康など有名な武将が

縦横無尽に活躍する又、などの人物 駒、藤庵、菊丸が登場する。

福知山城と明智光秀

各地の優れた人たちが天下を狙って戦う「壮大な物語」が描かれる

その主人公が、明智光秀だ。

本能寺の変で織田信長を焼き討ちにしたとされる、この武将は、

下剋上を果たした裏切り者 明智光秀。

その明智光秀が主人公に登場するが、世間一般の評価はと言えば

あまりよくない。

この下剋上を果たした

武将明智光秀の知られざる一面がみられるのだろうか。

1579年に織田信長の命を受けて丹波一帯を平定した。

この地にあった横山城を改築し福知山城と改名しました。

現在のような境界を決めるたは明智光秀がおこなったと言われている。

丹波の国を平定した明智光秀が築城したのち、女婿の明智秀満を城主とした。

現在は、福知山城公園として整備されています。

スポンサーリンク




 

福知山城

天守三重三階の大天守と二重二階の小天守が1986年に復元された。

(以前はその近くに小高い山があり、その上に病院(国立か市立)があった 

病院へ行くのに急な坂道で道が悪く登り辛かった様に思う)

市街地を一望できる福知山盆地のほぼ中央に突き出た

なだらかな小山の先端地にあり、その地形の形から臥龍城の別名を持つ。

東から西に流れる由良川が天然の堀になっており、

又、北側には土師川と合流する高い台地に築かれ展望のよくきく

地であり東、北、西は断崖で要害の地でもあった。

主人公のイメージとはまったく違う印象を持つ街それが。

京都府福知山市です。

明智光秀を愛する「奥京都」と言われる 京都府福知山市です。

福知山城へのアクセス

京都駅から特急で1時間15分程度、

京都駅付近から高速道路を走って約1時間半。

大阪から車で

「中国自動車道 と 舞鶴若狭自動車道」経由

福知山城は、JRの福知山駅から歩いてでも行ける距離にあります。

また、高速道路の最寄りICからも下道で20分ほどで

市街地をぬければつきます。

徒歩圏内には市役所や裁判所などもある市街地にあるお城と言えます。

福知山城への車での行き方

福知山城の最寄りの高速ICは「舞鶴若狭自動車道 福知山IC」です。

 
福知山へは、

・京都方面から高速で北上するか

・いったん兵庫方面まで高速で北上するか

・北陸方面から高速で南下するか

福知山市は

京都府にある山々を越えた先にこの街は広がります。

まさしく「奥京都」と表現すると、ちょうどいいかもしれません。

麒麟がくるの主人公である明智光秀は

身分の低い美濃の国で主人を失った武士(牢人)の子として生まれます。

牢人とは

現代では「浪人」が一般的ですが、これは郷土を離れて、

諸国をさまよい歩いた浮浪人のことです。

「牢人」は、主家を去り封禄をなくした人のこと、

つまり、雇い主が戦に負けしまって、

勤務先がなくなった「非正規身分」と言われる武士のことです。

(あるいは自ら去っいった)

まとめ

明智光秀は

勇敢で決断力がある性格で、高い知力の持ち主だった。

斎藤道三に見いだされたのち、

家臣として非常に重要な地位に引き上げられることになる。

一生涯、道三について行くことに疑いを持ってはいなかったが、

自分の国以外の大きな世界を見るべきだ。

という言葉に影響され、考え方を少しづつ変えていく。

明智光秀の前半生を描くこの「麒麟がくる」だが、

明智光秀の前半生は謎に包まれていて、記録があまり残っていない様です。

ドラマで明智光秀と何時も、絡んでくる人物は、架空の人物か

実在の人物か、悩むところですが貴方はその様なことを考えて

ドラマを見られたことはないですか?

脚本家が作り出したドラマ独特のキャラクターがいる様です、

さてそれは誰でしょう。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

****************************


スポンサーリンク


ドラマ
スポンサーリンク
nurukanpou-yamaをフォローする
縁と緑の力無限

スポンサーリンク