スポンサーリンク


塗る漢方(漢方アロマ)精油の抽出方法


スポンサーリンク


漢方アロマ花テラピー

やまいちの健康ブログ

皆さんこんにちは、
やまいちと申します ☆^^♪
塗る漢方少しはお分かり頂けましたか?
漢方は難しいとお考えではないですか?
このブログで詳しくお話していきますので
お付き合い下さい。

■このブログ運営の目的 

自然療法を基に

漢方・アロマ・フラワーエッセンスの

使い方を勉強し

リラクゼーションや身体や精神の恒常性の維持と促進、

身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻すための

植物療法(漢方・芳香・花)を学び体験し、

健康測定ができ自らの健康管理意識をたかめる事が出来るブログです。

★運営の目的

・健康な体作り

・健康維持

・若さの維持

・美容ケア

・あなたの夢(起業)作り

今回は、

漢方・季節の特徴(春)と

花粉症對策に塗る漢方についてお話します。

・夜の顔のケアに塗る漢方

・節分からの美容の保護

皮膚の再生4月19・20・21日前後

・アロマテラピー資格試験

・心を落ち着かせる塗る漢方

■塗る漢方精油とは 
漢方医学の知恵と西洋のアロマテラピーの融合により
  生まれたものです。 
 煎じて飲みことを必要とせずに臓腑に負担を掛けないもので、
 貴重な漢方ハーブの組み合わせにより、漢方理論に基づき  
 不調改善へと働きかけるものです。
■抽出方法について 
 漢方薬のイメージである乾燥した植物を使用するのでなく、
 生の漢方ハーブを使用し、西洋アロマの抽出方法にて作られた、 
 世界初の塗る漢方オイルです。
一般のアロマとの違いについて 
  最新技術のバイオテクノロジーにより、毒素はカットしております。
  よって副作用の心配の必要がありません。
 そして、ナノテクノロジーにて分子は素粒にしていることにより 
  吸収率に大変優れ、即効性が期待できます。 
  最新技術により、希釈せずに直接お肌に塗布できものとなっている
  ことから、世界18ケ国において認定報告書があり、クオリティの 
  高いものと言えます。

■あなたの夢、私の夢

だいぶ暖かくなりましたが、まだ少し肌寒いですがお元気ですか?
もう少しすれば、ポカポカとあたたかな日が来ると思います。
また、春の花の香りを楽しむことができると思います。

春で思い出しますのがアロマテラピーの教室です、もう17年程前に

なりますか夜のアロマ教室に通っておりましたので、夕方は非常に

忙しかったです。

それでは、何故アロマ教室へ通う様になったと言う事ですが、

会社を辞めた時の為に、いや、今の会社がいつ私を必要としなくなるか、

何かあってからでは遅いので、今の内に何かを習っておこう、

同じ習うなら今の仕事に少しでも繋がる様な教室をと色々と探し

アロマテラピー教室に通う様になりました。

初めにアドバイザー資格  (1級)を取りました。

香りを覚えるのが大変でした。

特に土・日に集中して1回に何種類も覚えようとしましたが全然

覚えられません、そこで、何回かやっていて1回に5種類を朝、夕方位に

覚えると、覚えやすいと自分なりに結論を出し今では教室で生徒さんに

1日2回朝・夕に覚えて下さいと話しています。

アロマテラピー資格試験に

香りを当てる試験が出されます。

アロマテラピー教室ではいつも最初に、香りを当てる、

その香りから思い浮かぶ感想を書くという事をやっていました。

(特に男性は香りが苦手な人が多いようですが?)

(男性よりも女性の方がは臭いに敏感です。)

「香りを覚える」 私は他の男性に比べると香りはそんなに苦手ではないです。

当時、検定試験会場では男性はほとんど居られませんでした、

今でこそビジネスも関係してか男性も多くなった様です、

また今はメディカルアロマテラピーでもかなり注目を

されている様ですし、Dr、薬剤師さんも勉強されている方も多いようです。

今からアロマテラピーを習いたい(資格を取りたい)、

また資格を持っているが使っていない(アドバイザー・インストラクター)

と思われている方、またアロマテラピーに興味がある方、

漢方的アロマ精油の使い方等

ブログで私とお付き合い願えませんか?このアロマテラピーと漢方の

融合から生まれたもが塗る漢方(漢方アロマ精油)です。

アロマテラピー教室で最初に覚えた香り、ラベンダー・ローズマリー

です。

ラベンダーとローズマリーは

漢方的アロマ精油 {心、小腸}になります。

●<ラベンダー> 鎮静・鎮痙・消炎・細胞修復・抗菌  
 日本では、北海道富良野などで栽培され、有名なハーブです。
 鎮痛作用、鎮静作用、炎症を抑える作用などがあり、
 身体と精神の両面にたいして広く用いられている精油です。
 寝つきをよくしたい時・風邪の予防・考えを整理したい時など
 に期待できます。
●<ローズマリー> 
中枢神経機能亢進・消化機能調整・ 循環促進                                         
スッキリとしたハーブの香りです。
心身をリフレッシュし、元気を与えてくれます。
また、集中力や記憶力を強める作用があります。
元気を出したい時・身体を温めたい時・意識を目覚めさせたい時など
に期待できます。

■節分からの美容の保護

穀雨:春の季節中の最後(太陽暦4月20日頃)

農産物の収穫時期。肌の修復再生作用が最も盛んになる。

 皮膚の再生4月19・20・21日前後

 ★夜の顔のケアに塗る漢方 (本草精華製品)

 20代~30代:楊貴妃(ヨウキヒ)

 40代~超熟女:抗老(コウロウ) 

 50代~過熟女:抗老(コウロウ)

 60代~70代:轉大人+霊舒+抗老

●<楊貴妃(ヨウキヒ)> 

 顔のしわ・タルミ改善、リフトアップ、抗老化肌、血液循環促進

 月経不順・生理痛緩和、バストアップやヒップアップに

 効果のあるとされる漢方本草から抽出されたアロマ精油です。

漢方アロマ(塗る漢方)花テラピーについて

詳しくは「塗る漢方使い方講座(無料)に 読者登録下さい。

下記をクリックし登録下さい。
↓↓↓↓↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/qWWv

*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

漢方アロマ花テラピーついてお尋ねがありましたら

お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
   midorikamera@gmail.com

※ご質問やメッセージ等いただいた個人情報は

完全にお守りいたします。

※当ブログは信用第一に考えております。

   読者さんを不安にさせるような 迷惑メールの類は

 いっさい送りませんのでご安心ください。

 ■プライバシーポリシーをご覧ください
 http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

 [発行者] やまいち

*********************************************

スポンサーリンク




 

コメント


スポンサーリンク