緑の健康教室 季節の特徴(梅雨)

スポンサーリンク




  1. ★逆流性食道炎★
      1. 皆さんこんにちは
      2. 緑の健康教室のやまいちと申します。
      3. 緑の健康教室(漢方アロマ花テラピー)について
      4. 書いていきますので、宜しくお願い致します。
  2. ■季節の特徴(梅雨)
      1. 梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。
      2. 1、粘滞性があります。
      3. 分泌物は濃厚で粘り気があり、症状が長引きやすくなります。
      4. 痰に粘り気があり、下痢・発汗・皮膚湿潤します。
      5. 筋肉・関節痛や皮膚病の慢性化・長期化などの症状がみられます。
      6. 2、下降し、下半身に侵入します。
      7. 湿は水の流れの様に低い所へ向かうので、湿邪の侵入により、
      8. 下痢・足の浮腫・小便不 利・水虫・
      9. おりものなどの症状がみられます。
      10. 体の変化
      11. 梅雨の季節には消化器系である脾胃の動きが活発になります。
      12. 蒸し暑い日々ですので、冷たい物・なま物・水分を多く取るため、
      13. 脾胃の疲れも現れやすくなります。
      14. 脾は湿を嫌うため動きが悪くなると水液の代謝が低下します。
      15. 食欲不振・胃のもたれ・疲れやすさ・無気力などの症状が現れ
      16. 、浮腫・下痢がみられます。
      17.  アドバイス
      18. 1、乾湿なら辛温発散発汗させ、湿をとります。
      19. 2、暑湿なら寒涼性の食薬と平性・温性の食薬をバランスよく取ります。
      20. 3、冷たい物・なま物は避けます。
      21. 4、しつこい・味の濃い物・脂っこい物を取らないようにします
      22. 5、食べ物が傷みやすい時期なので食中毒に気をつけます。
      23.  梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。
      24.  胃腸にも湿邪の影響が出て、便が緩くなったり、お腹が張ったり
      25.  胃潰瘍等の病気に掛かったいる人は悪化しやすい時期でもあります。
  3. ◆緑の健康豆知識(引用)
      1. 夏に多い脳梗塞
      2. その主な原因は、脱水症状です。
      3. 夏は汗をかくため、気付かないうちに体内の水分が不足がちになり、
      4. 血液の流れが悪化し血管が詰まりやすくなるのです。
      5. 大切なのは汗をかいていなくても、
      6. 早め早めにこまめに水分補給を行うことです。
      7. 汗をかかなくても、
      8. 常に体から少しずつ水分が奪われています。
      9. 室内にいるときもきちんと水分補給をするようにしましょう。
      10. 室内にいると脱水症状に気付きにくいのですが、
      11. トイレに行ったとき尿の色が濃くなっていたら水分不足のサインだと思ってください。
      12. 夏の脳梗塞の予防でもうひとつ大切なことは睡眠の前後に水分補給を行うことです。
      13. 普段私たちは眠っている間に平均コップ1杯程度(200cc)の汗をかきます。
      14. 夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて発症のリスクが高くなります。
      15. 予防のために寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。
  4. ■逆流性食道炎 ・慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー改善法
      1. 逆流性食道炎とは
      2. 胃に入った食べ物が上手く消化されずに食道へと逆流を起こしてしまうことです。
      3. 胃酸として逆流をするのですが、逆流することで食道の部分に炎症が起こります。
      4. 逆流をするので吐き気など凄く気持ち悪い感覚になります。
      5. なってしまう原因は様々ありますが食生活もそのうちの1つです。
      6. 最近では肉を多く摂取するようになり、
      7. 肉は魚に比べると消化する時に胃酸をたくさん使うためなりやすいです
      8. 今後とも宜しくお願い致します。
      9.  ホームページをご覧ください。
      10. 最後までお読み頂き、ありがとうございました。
      11. お尋ねがありましたら気軽にメールください。
      12. ※ご質問やメッセージ等いただいた個人情報は
      13.   完全にお守りいたします。
      14. ※当ブログは信用第一に考えております。
      15.    読者さんを不安にさせるような 迷惑メールの類は
      16.  いっさい送りませんのでご安心ください。
      17. 発行情報
      18.  [発行者] やまいち

★逆流性食道炎★

皆さんこんにちは

緑の健康教室のやまいちと申します。

緑の健康教室(漢方アロマ花テラピー)について

書いていきますので、宜しくお願い致します。

■季節の特徴(梅雨)

梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。

1、粘滞性があります。

分泌物は濃厚で粘り気があり、症状が長引きやすくなります。

痰に粘り気があり、下痢・発汗・皮膚湿潤します。

筋肉・関節痛や皮膚病の慢性化・長期化などの症状がみられます。

2、下降し、下半身に侵入します。

湿は水の流れの様に低い所へ向かうので、湿邪の侵入により、

下痢・足の浮腫・小便不 利・水虫・

おりものなどの症状がみられます。

体の変化

梅雨の季節には消化器系である脾胃の動きが活発になります。

蒸し暑い日々ですので、冷たい物・なま物・水分を多く取るため、

脾胃の疲れも現れやすくなります。

脾は湿を嫌うため動きが悪くなると水液の代謝が低下します。

食欲不振・胃のもたれ・疲れやすさ・無気力などの症状が現れ

、浮腫・下痢がみられます。

 アドバイス

1、乾湿なら辛温発散発汗させ、湿をとります。

2、暑湿なら寒涼性の食薬と平性・温性の食薬をバランスよく取ります。

3、冷たい物・なま物は避けます。

4、しつこい・味の濃い物・脂っこい物を取らないようにします

5、食べ物が傷みやすい時期なので食中毒に気をつけます。

 梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。

 胃腸にも湿邪の影響が出て、便が緩くなったり、お腹が張ったり

 胃潰瘍等の病気に掛かったいる人は悪化しやすい時期でもあります。

 

スポンサーリンク




 

◆緑の健康豆知識(引用)

夏に多い脳梗塞

その主な原因は、脱水症状です。

夏は汗をかくため、気付かないうちに体内の水分が不足がちになり、

血液の流れが悪化し血管が詰まりやすくなるのです。

大切なのは汗をかいていなくても、

早め早めにこまめに水分補給を行うことです。

汗をかかなくても、

常に体から少しずつ水分が奪われています。

室内にいるときもきちんと水分補給をするようにしましょう。

室内にいると脱水症状に気付きにくいのですが、

トイレに行ったとき尿の色が濃くなっていたら水分不足のサインだと思ってください。

夏の脳梗塞の予防でもうひとつ大切なことは睡眠の前後に水分補給を行うことです。

普段私たちは眠っている間に平均コップ1杯程度(200cc)の汗をかきます。

夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて発症のリスクが高くなります。

予防のために寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。

 

■逆流性食道炎 ・慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー改善法

逆流性食道炎とは

胃に入った食べ物が上手く消化されずに食道へと逆流を起こしてしまうことです。

胃酸として逆流をするのですが、逆流することで食道の部分に炎症が起こります。

逆流をするので吐き気など凄く気持ち悪い感覚になります。

なってしまう原因は様々ありますが食生活もそのうちの1つです。

最近では肉を多く摂取するようになり、

肉は魚に比べると消化する時に胃酸をたくさん使うためなりやすいです

 詳しくは下記クリッククラック下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

逆流性食道炎の治療方法。市販薬を使わない逆流性食道炎、胃潰瘍、機能性胃腸症(ディスペプシア)、慢性胃炎、胃アトニー治療法。

今後とも宜しくお願い致します。

 ホームページをご覧ください。

[URL] http://nurukanpou.com

*********************************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

漢方アロマ花テラピーについて
 

お尋ねがありましたら気軽にメールください。

 ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 midorikamera@gmail.com

※ご質問やメッセージ等いただいた個人情報は

  完全にお守りいたします。

※当ブログは信用第一に考えております。

   読者さんを不安にさせるような 迷惑メールの類は

 いっさい送りませんのでご安心ください。

■プライバシーポリシーをご覧ください
プライバシーポリシー・運営者
当ブログでは メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前 メールアドレス等の個人情報を登録頂く場合がございまう。 これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどで ご連絡する場合に利用させて頂くものであり、個人情報をご提供頂く際の 目的以外では利用致しません。

発行情報

 [発行者] やまいち

*********************************************

スポンサーリンク




 

 

コメント