心と身体の悩み緑の健康教室

緑の写真クラブ

  • HOME »
  • 緑の写真クラブ

緑の写真クラブ2018年10月

私とカメラの出会い

私とカメラの出会い

私は趣味の一つにカメラがありますが、私が初めてカメラと出会った

と言うか触れたのが父方の親戚で従兄弟に出会いました、その親戚の家には

何故か卓球台が置いてありました、そんなに裕福な家でもないのにと思いました

それは何故か、それは従兄弟が卓球が非常に上手くて無理をして買われたととの

話を聞きました、その従兄弟の兄の方がカメラが好きで、何故カメラが好きに

なったのかは分かりませんが、(貧しいな家庭なのにと思った)

そん従兄がカメラを

何台か持っていて、私が面白そうにカメラを見ていると、カメラは好きかと

聞かれました、私はカメラなんて一度も触ったことがなかったので不思議そうに

見ていたので聞かれたのだと思った、そこで何も分からないのに好きですと

応えたらその従兄が一台持って帰れと言ってくれた、

何が何だか分からなかったが

嬉しくてたまらなかた、また壊れたカメラも一台一緒に貰って帰った

それが

私のカメラとの初めての出会いです。

以下は鶴見緑地公園の写真です。今緑地公園は台風の影響(被害)で

多くの木が倒れ

いたる所で侵入禁止になっていました。

スポンサーリンク




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池田城跡公園(池田市)

室町時代から戦国時代にかけて、池田市域一帯などを

支配していた地方豪族池田氏の居城跡地を公園。

池田城は荒木村重が居城していた城です。

荒木村重は、1535年、荒木義村(荒木信濃守義村)の嫡男として生まれた。

荒木家は波多野氏の一門で、荒木村重から見ると祖父にあたる荒木高村が

摂津川辺郡に移り住み、荒木家は、摂津・池田城主・池田長正の家臣と

言う身分だった。

荒木村重の子供の頃は、力が強く、弓と馬の鍛錬を好んだと言う。

以下は池田城跡公園(池田市)に写真です。

最後まで写真を見て頂き又、お読み頂き、ありがとうございました。

皆さんは写真は好きですか?、

私は以前にも何回か書きましたが緑の写真が好きです、今後も写真を

お送りしますのでご覧ください。

****************************

スポンサーリンク





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

緑の写真クラブ2018年11月

★\\!カメラ1台のと故障カメラ1台!//★

私のカメラ

私は趣味の一つにカメラがありますが、初めて私がカメラを

手にしたのは、従兄弟からカメラを貰ったのが初めです

カメラを貰って嬉しくて嬉しくてたまりませんでした、親戚の

家から1時間位電車に乗っ帰らなければならないのですが

電車の中でもカメラが気になって仕方がなかった様な記憶があります。

早速家に帰りカメラをいじっていましたが、ただシャッターを

きるだけで、カシャーと音がするだけで次第に面白くなくなりました

よく考えてみるとカメラにフイルムが入っていないのです、そこで

フイルムが必要なことに気が付きましたがフイルムを買うお金が

ありません

私の家ではフイルムを買って貰えるお金などありませんので、

そこで考えたのが

私は新聞配達をやっておりましたので、

そのお金を何とかフイルム購入費として

使えないかと考え母親に本を買いたいのでお金が欲しい旨を伝えました

しぶしぶでしたが出してやると言うことになりましたが、どんなフイルムで

代金がいくら位かかるのかが分かりません、田舎ですので近くに

カメラ屋さん

なんてありません。私は毎日フイルムが入っていないカメラを

触っているだけでした、

何とかフイルムを買わないとと考えていました。

 

  岸城神社

(引用)岸和田城天守閣の東側に鎮座し、城の鎮守の神であり、

岸和田だんじり祭の聖なる場でもある岸城神社。

地元の農民たちが五穀豊穣を祈って神明社を築いたのが始まりとされますが、

約650年前に京都の八坂神社から素戔鳴尊(すさのうのみこと)を

勧請(かんじょう)してからは、牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれ、

地元の守り神として繁栄してきました。後に、慶長年間に秀吉の家臣・小出秀政が

岸和田城を大改修するのを機に八幡大神を合祀、以来代々の城主や住民にも厚く

信仰されてきました。明治維新で氏子が広範囲になり、「岸城神社」に改名され、

現在の御社殿が完成致しました。岸和田城が千亀利城(ちきりじょう)と

呼ばれていたのに因んで、縁結びの神(ちぎりのかみ)として参詣者が多いです。

有名な岸和田だんじリ祭はこの社の例祭です。

以下は岸城神社の写真です。

スポンサーリンク





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岸和田城

(引用)和田高家(楠木正季の三男、楠木正成の甥)が現在の岸和田城跡から

約500m東に岸和田古城を築城。「岸の城」とも言われた。

岸和田城は猪伏山(いぶせやま)と呼ばれた小高い丘の上にあり、

本丸と二の丸を合せた形が、

機の縦糸を巻く器具「縢」(ちきり)に似ていることから

蟄亀利城(後に千亀利城)と呼ばれるようになった。

城内にある岸城神社は千亀利と「契り」とをかけて、

縁結びの神社として知られている。桜の季節は花見の名所となり、

大阪みどりの百選に選定されている。

 =縁と緑を大切にしましょう=

以下は岸和田城の写真です。

写真撮影会に参加しませんか、興味のある方連絡」下さい。

メッセージはこちらからお願いします。
midorikamera@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

あなたの幸せ作りのお手伝い TEL メール受付中 理想的なビジネスのために

スポンサーリンク




PAGETOP
Copyright © 塗る漢方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.