心と身体の悩みストーリー

冷え性の悩み

  • HOME »
  • 冷え性の悩み

◆心と身体の悩み冷え性◆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたは下記の様な症状(疾病)はありませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① ちょとした事で驚き易い

② 全体的に浮腫み易い

③ めまいや、低い耳鳴りがする

④ 足腰や膝がだるい

⑤ 皮膚が乾燥し肌の色が暗く、くすむ

⑥ 口渇や手足のほてりがある

⑦ 性欲が低下気味

⑧ 膀胱炎を繰り返す

⑨ 髪に潤いがなく脱毛する事がある

⑩ 夜間にトイレに行く事が多い

★* 髪・耳・骨・生殖器異常・女性ホルモンの不調等

気になる個所の症状は無いですか?

■貴方は上記の①~⑩の症状(疾病)と同時に

現在貴方は下記の性格や悩みを抱えていませんか?

① 心身共に疲れすぎて、

  エネルギーが残っていないように感じている。

② 闘病中もしくは病気の回復期で、力が出ないと感じている。

③ 消耗しっきて、完全にダウンしている。

特に冷え・腰痛・冷え・シワ、髪の毛でお悩みではないですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貴方の冷え性タイプは

●脾陽虚・腎陽虚・・・全身が冷える(脾・腎の熱不足)

心身ともに疲れ安い。便がゆるい。尿が多い

お腹や腰が冷える。

●血虚・・・顔が青白い(気が不足)

手足が冷える。動悸がする、唇の色が薄い。爪が白っぽい。
●気滞血・・・唇が紫色(気停滞・血停滞)

手足が冷える。爪の色がくすんでいる。肌の色が悪い。

げっぷが出やすい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脾陽虚・腎陽虚:脾・腎

血虚:肝

気滞血オ:肝・心

腎:ホルモンバランスを整える。

心:血液循環。

肝:自律神経

腎の火種火を灯して、五臓に気や血を巡らせ、体中ポカポカに。

気血両虚タイプ(パワー不足タイプ)

オ血タイプ(血行不良タイプ)

気滞タイプ(イライラタイプ

腎陽虚タイプ(体の芯の熱不足タイプ)

━━━━━━━━━━━━━━━━
★冷え性に期待できる漢方薬★
━━━━━━━━━━━━━━━━

■附子理中湯:体力虚弱で、手足の冷えが強く、疲れやすい

■当帰芍薬散:貧血・血色不良・疲労感・下腹部痛

■加味逍遙散:冷え・のぼせの他、不定愁訴などの訴えが多い

■桂枝茯苓丸:のぼせ・肩こり・便秘なし・月経異常・下腹部抵抗圧痛

■真武湯:新陳代謝の衰えによる冷え・腹痛・下痢・尿量減少・めまい

★あなたの症状に合った漢方薬を選び、お試し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●あなたに合う「ツボ」を押して、試して下さい●

・消化器系が弱いタイプ

 足三里:足の外側、膝下のくぼみから指4本分下

・腎・膀胱系が弱いタイプ

 湧泉:土踏まずのやや中央、5本指を曲げるとくぼむところ

・婦人科系が弱いタイプ

 三陰交:内くるぶしの上から指4本分上がった骨の後ろ側

◆食養

・全身が冷える・・・ニラ・クルミ・やまいも・エビ

・顔が青白い・・・ニンジン・イカ・ライチ・レバー

・唇が紫色・・・ミカン・ニンニク・ニラ・そば

★あなたに合った食養生法をお考え下さい。

 

■冷え性

「冷えは万病のもと」冷え症の状態とは体の隅々まで

血液が巡っていない状態上半身がのぼせ、

下半身が冷えるといった状態。

冷え性の悩みは女性に多く見られます。

特に足腰の冷えを訴える人は多く、中には夏でも靴下を履かないと

寝られない人もいます。

末梢血管に血管障害が起きて、手足の体温が下がって冷たく感じる

ことをいい、現在医学では根本的な治療が難しい症状です。

原因:ストレス・食生活・運動不足

・消化器系が弱くて冷える場合

・腎・膀胱系が弱くて冷える場合

・婦人科系が弱くて冷える場合

■身体が冷える、冷え性について

冷え症を軽く見てはいけない。

冬に手足が冷えるのは当たり前、と思っていませんか?

「冷えは万病のもと」という言葉がある通り、

体の冷えを放っておくと様々な病気を引き起こす要因に。

私たちは生理痛や生理不順、子宮筋腫、不妊、その他の原因になる

「ホルモンバランスの崩れを整える方法」を正しく伝えて、

女性と子供の健康と幸せに貢献したいと考えています。

冷えとり」とは、体の冷えをとって、

万病につながる不調を防ぐ健康法です。

冷えとりを習慣にすることで体の基礎が変わり、

新陳代謝が活発になって自然治癒力が上がり、

薬なしで風邪も治るようになります。

体の様々な不調でお困りでしたら、ぜひ冷えとりを試してみてください。

健康な時も、私たちの体の中にガン細胞はあります。

ガン細胞の好きな環境の一つが低体温です。

「がん細胞は、35度で一番増えます。

体温が1度下がると免疫力が37%落ちて、代謝は12%落ちます。

ですから、冷え症を軽く見てはいけないのです。

ではどうすれば?

冷え症対策に、ショウガ、紅茶、湯たんぽ、運動、はらまき、靴下の重ね履き

いろいろありますね。

これらの多くのものは、一つ一つは間違いではありません。

しかし、冷え症は体全体のホメオスタシスが崩れた状態です。

ですから、こういう一つ一つのことを一生懸命実行しても

ほとんどの人は冷え症が改善できません。

冷え症を改善するには、

体の自動コントロール装置ホメオスタシスを立て直すことです。

ホリスティック栄養学を基本とした食事療法を基本に、

続けやすい簡単で効率の良い運動、

メンタルコントロール等を組み合わせた、

薬等の副作用リスクのない健康的な冷え性改善法です。

この療法ではホルモンバランスを整え、

正しい状態の身体を取り戻す事を大きな柱とします。

ホルモンバランスが整うと、

かなりの短期間での冷え性改善が期待できます。

冷え症を軽く考えてはいけないのです。

冷え症は体中に悪い影響が出ます

一番心配なのがガンです。

 

冷え性改善】冷え性をもとから撃退するマニュアル

詳しくは下記をクリック下さい。

緑の健康情報

https://wp.me/P9VfxL-bm

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

皆さんは縁(えん)というものを何時頃感じましたか?

昨日は良い縁がありましたか?

今日も良い縁がありますように。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

「発行者」やまいち

**********************

あなたの幸せ作りのお手伝い TEL メール受付中 理想的なビジネスのために

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 塗る漢方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.