心と身体の悩みストーリー

飲む漢方を塗る漢方へ

  • HOME »
  • 飲む漢方を塗る漢方へ

 

塗る漢方使い方講座

自然療法を基に塗る漢方の作り方、使い方を勉強、体験し、

リラクゼーションや身体や精神の恒常性の維持と促進、

身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻すための

塗る漢方を学び体験し、自らの健康管理意識をたかめる

事が出来る講座です。

自然療法

自然療法とは、

一般的には手術などを行わず、心と身体をケアする方法を指しす。

怪我や風邪にかかってしまった方や、感染症などを、

手術や薬によって治癒する対症療法」に対し、ストレスや心理的な

問題を抱える人、長期的に体の不調をじる方などを、

西洋医学による薬や手術を行わずにケアするという点が、

自然療の大きな特徴です

 

自然療法と呼ばれる治療には、アロマテラピー、ホメオパシー、

リフレクソロジー睡眠療法、東洋医学、心理療法、作業療法など幅広く、

自然療法は、これらの療法のいくつかを組み合わせて

使う事もあるます。

自然療法は、患者さんの病歴や現在の状況を把握し、正確に診断やケアを

しなければなりません。

このためには、病理学、解剖学、生理学、ハーブ、栄養学、ホメオパシー

フラワーエッセンス、マッサジーなど多くの知識を必要としますので、

療法は、上記の分野に付いての勉強が必要となります。

 

塗る漢方使い方講座

理想的な健康のため健康自己管理意識向上)

・自分の体を知る

・自分に合った養生法を知る

・養生法が自分に合うかを検証する

・改善の状況を観察、検証し続ける

・塗る漢方に触れ合い続ける。

 

精油はどうやって作られるのか

抽出方法について

漢方薬のイメージである乾燥した植物を使用するのでなく、生の漢方ハーブを

使用し、西洋アロマの抽出方法にて作られた、世界初の塗る漢方オイルです。

  1、水蒸気で蒸して採る方法です(水蒸気蒸留法)

    蒸留水を作るのとほぼ同じやり方ですが水とともに原料植物を入れて

    ハーブティーを沸かす様な方法で、発生した蒸気を冷却します。

    精油は軽いので表面に浮きます。

  2、原料を押すつぶして採る方法(圧搾法)    

    柑橘系の果皮をローラーや遠心法により機械で圧搾し精油を得ます。

  3、二酸化炭素などの液体ガスを溶剤として用いて採る方法(超臨海流体抽出法)

    高価な装置が必要なためあまり一般的でありませんが安全性が高いという

    特徴が利点です。

 

    水蒸気蒸留法

  

・・・・・・・・・・・・・・・・
飲む漢方を塗る漢方へチエンジ
・・・・・・・・・・・・・・・・

漢方薬貴方は飲めますか?塗る漢方を試しませんか

あなたは漢方薬を飲まれたことがありますか?

貴方は漢方製剤を何かお持ちですか?

それは買われたのですか、お土産にもらわれたのですか?

家族の方で漢方薬を飲まれている方はおられますか?

漢方薬は「価格がたかい」と思われていますか?

飲み辛いと思われたことはないです?

貴方が飲まれた漢方薬は効果がありました?

薬局、薬店で買われたのですか?

病院、医院で処方されたのですか

貴方は漢方薬を続けて飲まれますか?

副作用はありませんでしたか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたも一度漢方薬を試してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は毎日、まいにち、新聞、チラシ、テレビと

サプリメント広告で一杯です、最近は、大手製薬メーカーをはじめ

多くの企業が健康関連の商品を出されていいますが、

この、健康関連の商品をよく見て頂くとお分かりの様に

いかに植物由来の商品(漢方薬もその一つ)が多いか

お分かりだと思います。

漢方薬も毎日多くのメーカーが広告をしています。

一度じっくり、毎日の広告をご覧ください、納得いただけると

思います。

現在我が国では、世界に類を見ない超高齢化社会を目前にひかえ、

活力ある社会を維持していくには一人ひとりが健康の

自己管理意識を持つことが不可欠であるといえます。

今65歳以上の認知症は10人に1人の可能性があると言われています、

10年後には5人に一人が認知症の可能性があるともいわれています。

今、薬、手術等がいろいろと言われていますが、西洋薬が作られてから、

たかだか200年にも満たない歴史しかありません、

漢方は2000年超と言われて今注目されていますが問題が

無いわけではありません。

今予防医学と盛んに言われていますが、漢方では「未病」と言う言葉があり、

約2000年前の中国最古の医学書「皇帝内径」に出ています。

植物療法の適応領域は予防医学の分野にとどまらず西洋医学の

治療対象となる様な疾病にも有効であると考えられています。

植物療法が有効性、安全性、有用性の観点から現在のストレス社会の

健康法として最も適した療法の一つであると考えられます。

植物の治癒力を信頼し、生命(いのち)のあるものに宿っている

自然治癒力に働きかける、これらの療法を緑の力と呼ばれています。

どんな療法にも可能性と限界があります。

健康の自己管理意識で最も重要なポイントは、自分の力が及ぶところと、

及ばないところをはっきりと見極める冷静な判断力であるといえます。

冒頭ありました「漢方薬」の

飲み辛い、(苦い、口に引っ付く、臭い、変な臭い)

副作用が気になる、続けて飲みにくい、効果が分かりにくい等

飲む漢方を「塗る漢方」で試してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
漢方薬は飲みにくい・塗る漢方を試す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさま、『塗る漢方』ってご存じですか?

漢方って聞くとたいていの人が飲むイメージをお持ちですが、

塗る漢方があるのです。漢方医学の知恵と西洋のアロマテラピーの

融合により生まれたものです。

煎じて飲みことを必要とせずに臓腑に負担をかけないものです。

塗る漢方は、何がそんなにすごいかと申しますと、

漢方の成分が皮膚から浸透し直接臓腑器官に働きかけてくれるまさに

飲む漢方』を『塗る漢方』に変えた今までにない

画期的な漢方アロマ精油(塗る漢方)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今、貴方が飲まれている「漢方薬「を教えて下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その漢方薬は「何の疾患で飲んでいるいるのですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貴方にあてはまる症状の漢方アロマ(塗る漢方)は

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたにピッタリの漢方アロマ(塗る漢方)をお選び下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ストレス(漢方アロマ(塗る漢方)

  焦燥感・思考・多忙

  ・風華(マスキュリン)

  思い悩む・心配性

  ・品味(ベリーケア)

■疲労(漢方アロマ(塗る漢方)

  ・忘優(ネペンシ)…

  ・滋陰(ジイン) …女性

  ・行用(コウヨウ)…男性

■肥満 (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・窈窕(シエイブ)

  ・排毒保肝(ハイゾクホカン)

  ・品味(ベリーケア)

■冷え性 (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・利水消腫(リスイショウシュ)

  ・品味(ベリーケア)

  ・風華(マスキュリン)

■不眠 (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・忘優(ネペンシ)…

   ・品味(ベリーケア)

■肩こり (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・忘優(ネペンシ)

       ・鎮静止痛(チンセイシツウ)

■生理不順 (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・滋陰(ジイン)

      ・風華(マスキュリン)

       ・轉大人(テンダイレン)

■胃腸 (漢方アロマ(塗る漢方)

  ・品味(ベリーケア)

  ・忘優(ネペンシ)…

・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたにピッタリの漢方薬をお選び下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・足腰が重だるく、しびれや痛みを感じる方

 漢方薬:(牛車腎気丸)

 

・慢性的に痛みがある方

 漢方薬:(疎経活血湯)

 

・慢性的に便秘な方

 漢方薬:(漢方便秘薬:調胃承気湯)

 

・便秘や下痢を繰り返す方

 漢方薬:(桂枝加芍薬湯)

 

・コロコロした便の方

 漢方薬:(麻子仁丸)

 

・慢性的に肩こりがある方

 漢方薬: (独活葛根湯)

 

・慢性頭痛や高血圧傾向の方

 漢方薬:(釣藤散)

 

・加齢による耳鳴りや肩こりがある方

 漢方薬:(七物降下湯)

 

・身体虚弱の方、疲れて体がだるい方

 漢方薬:(人参養栄湯)

 

・ズキズキする頭痛や頭痛からくる吐き気がある方

 漢方薬:(呉茱萸湯)

 

・なかなか眠れない方

 漢方薬:(柴胡加竜骨牡蛎湯)

 

・ぐっすり眠れない方

 漢方薬:(加味帰脾湯)

 

・動くと疲れる方

 漢方薬:(補中益気湯)

 

・トイレの回数が多い方

 漢方薬:(猪苓湯)

 

・痛みがつらい方

 漢方薬:(竜胆瀉肝湯)

 

・夜トイレに起きる方

 漢方薬:(八味地黄丸)

 

・手足の冷えが気になる方

 漢方薬:(当帰四逆加呉茱萸生姜湯)

 

・水っぽい鼻水が出る方

 漢方薬:(小青竜湯)

 

・鼻づまりが強い方

 漢方薬:(葛根湯加川?辛夷)

 

・濃い鼻水が出る方

 漢方薬:(荊芥連翹湯)

 

・むくみがある方、太り気味の方

 漢方薬:(防已黄耆湯)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたにピッタリの漢方薬をお選び下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたにピッタリの漢方アロマ(塗る漢方)をお選び下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漢方アロマ(塗る漢方)使い方講座 読者登録

メルマガの登録や購読は

 もちろんすべて「無料」です!

登録は下の登録フォームに

姓(名字)

名(名前)

メールアドレス

をご入力ください。

※姓・名ともハンドルネームなど

本名以外での登録でもかまいません。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://mail.os7.biz/add/qWWv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの幸せ作りのお手伝い TEL メール受付中 理想的なビジネスのために

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 塗る漢方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.