心と身体の悩みストーリー

逆流性食道炎の悩み

  • HOME »
  • 逆流性食道炎の悩み

◆心と身体の悩み胃腸系疾患◆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたは下記の様な症状(疾病)はありませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① 消化不良や腹部膨満感がある

② 神経は細かく、考え込む事が多い

③ 口内炎や口角炎ができやすい

④ 腹部が冷え痛む事がある

⑤ ちょっと神経を使うと下痢をしてしまう

⑥ 胃が ポチャポチャする

⑦ 味覚が鈍く成った様な気がする

⑧ 甘いものが異常に欲しくなる

⑨ 全体の疲労感がある

⑩ 尿量が少なく浮腫みやすい

★* 口・唇・血管・成長・消化器系の不調等気になる個所の

   症状は無いですか?

特に胃腸・消化器系の不調、ストレスでお悩みではないですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・胃腸障害3つのタイプ:
・胃腸の冷えで起こる場合。
・胃下垂があるか日に起こる場合。
・胃に余分な水分が溜まって起こる場合。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<胃痛>タイプ

・虚寒・・・冷えると痛む:陽気不足、気血の巡りが悪い

      温めると良くなる。疲れやすい。吐き気。お腹が冷える。

・胃熱・・・灼けるように痛む:胃の機能低下

      喉が渇く。口臭がする。胸やけ、吐き気。押すと痛みや不快感がある

・肝鬱気滞・・・ストレスで痛む:肝気巡り悪い、胃の機能低下

          胃が張って痛む。イライラ、憂鬱。ため息が出る。

・食滞・・・暴飲暴食で痛む:胃に停滞、気の巡りが悪い

      食欲不振。膨満感。ゲップが出る。便がすっきり出ない

★消化器系に期待できる漢方薬

・六君子湯:胃腸の働きを良くし、体力を回復し元気をつける薬。

・補中益気湯:胃腸機能を強化し免疫力を高める、体力増強。

・人参湯:胃腸が冷えるタイプには、胃腸を温める作用に富む。

★アロマ精油:グレープフルーツ・ベルガモット・スイートオレンジ

★経穴:胃腸障害

   ・足三里・・・ひざ下のすね上の突起した

    骨から外側に指幅2本分の所。

※消化器系・胃腸障害の薬も沢山出ていますが、

 「薬」は一寸とお思いの方

漢方薬は如何ですか?下記の漢方薬をお試し下さい。

漢方薬:安中散・六君子湯

薬、漢方薬等も嫌いだとお思いの方下記をお読み下さい。

■貴方は上記の①~⑩の症状(疾病)と同時に

 現在貴方は下記の性格や悩みを抱えていませんか?

① 社交的で話し好きだが、話題は自分のことばかり。

② 自分の健康や家族問題の悩みなどについて

  細かく考える傾向がある。

③ 聞いてくれる人を求めて、

  ドクターショピングするようなこともある。

④ 1人いるのが寂しく感じ、相手をしてくれる人を求める。

⑤ 社交的で話し好きでもないが、

  不調だと自分のことばかりに意識が向き、

まわりの人の立場を考えたり、人の思いに気づきにくい。

■突然ですが、あなたは下記のどれかに当てはまりませんか?

・酸っぱくて苦いものが急にこみ上がって来る呑酸感がある

・空咳がひどくて「ゼイゼイ…」と息苦しい感覚がする

・みぞおち辺りがチクチクして内側から締め付けられている感覚がある

・空腹時や食後に吐き気がもよおす

・常にムカムカしてゲップしたい感覚がある

以上の症状に当てはまる場合は、慢性化している可能性があります。

逆流性食道炎が食道ガンへと悪化して手遅れになる前に、

ほんのちょっとだけ、この手紙を読んでみてください。

■逆流性食道炎は若い人にも多くなっている

食後に胸焼けがする、ゲップが出たり、

喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる感じがする

そんな症状があったら「逆流性食道炎」かもしれません。

逆流性食道炎は高齢者に起こりやすいとされていましたが、

最近は若い人にも増えており、問題になっています。

●原因と症状

胃の内容物が食道に逆流して粘膜を刺激

逆流性食道炎とは、

胃の中で胃液と混ざり合った食べ物や胃液そのものが

食道に逆流する病気です。

胃液は強い酸性のため、食道に逆流すると、

食道の粘膜を刺激して食道の粘膜がただれたり、

潰瘍ができたりします。

逆流性食道炎が起こる主な原因としては、

食道と胃のつなぎめにあたる

下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)の

筋力の低下があげられます。

通常は、下部食道括約筋が胃液の逆流を防いでいるのですが、

この筋肉が加齢などによってゆるむと、

胃の中のものが簡単に食道に戻ってきてしまうのです。

そのため、これまでは高齢者の病気と考えられていましたが、

最近では若い人にも増えています。

■貴方は逆流性食道炎について

こういう治療をされていまっせんか

・ 脂肪分を避けて胃に優しい食事にする

・ストレスを溜めない生活を送る

・薬を長期服用してずっと飲み続けている

これらに当てはまると、あなたは逆流性食道炎について、

 少し間違った治療をしていることになります。

まず、脂肪分を極力避けた食事をすることですが、

人間の体は脂肪分を取らないと生きていけない体の作りになっています。

生きてはいけないというよりは健康ではなくなり、

 免疫力が弱ってしまうことになるのです。

ですから、脂肪分を全く取り入れないと、

 悪循環でますます治りづらい体になってしまうのです。

これは脂肪を控えることが、胸の締め付け感、胸焼けを抑えるどころか、

ますます自分で悪化させてしまっている状態に過ぎません。

今では、スーパーでも体に優しい米油などが出ていますから、

 少しでも油は取るようにしていきましょうね。

●オリーブオイルを食生活に取り入れるのも効果的

食生活では、油をオリーブオイルに変えることも、

逆流性食道炎の予防や緩和につながります。

オリーブオイルを使った料理を食べた後は、

胸焼けなどの症状がほとんど出てきません。

これは、オリーブオイルが消化に負担をかけないためと考えられます。

また、オリーブオイルには便秘を改善する効果もあります

詳しくは下記をご覧ください。

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

下記をクリック下さい。

https://www.infotop.jp/click.php?aid=338898&iid=39637

緑の健康情報

https://wp.me/P9VfxL-bm

*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

皆さんは縁(えん)というものを何時頃感じましたか?

昨日は良い縁がありましたか?

今日も良い縁がありますように。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

「発行者」やまいち

**********************

あなたの幸せ作りのお手伝い TEL メール受付中 理想的なビジネスのために

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 塗る漢方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.