私のカメラ教室

皆さんこんにちは、

カメラ教室のやまいちと申します。

 

★貴方はカメラをお持ちですか?

今までに何個のカメラを買われましたか?

写真を初めて撮られたのが何歳頃ですか?

    \\目標//
■□■…………………………■□■
    私のカメラ教室
 

カメラとは

写真を撮影するための光学器械。

「小さな部屋」ともいわれています。

昨日は良い縁がありましたか?

縁と聞いてな何が浮かんできますか?

「今日の縁(えん)を大切にしましょう」

やまいちのブログを御覧頂き有難うございます。

 

従兄弟とカメラ

貴方は何歳頃にカメラを知られましたか?

私の従兄弟の兄の方がカメラが好きで、

何故カメラが好きになったのかは私には分かりませんが、

私と従兄弟は年が可なり離れていて、カメラが好きになった

理由は聞けていないが、何故か何台もカメラを持っていました。

従兄弟の家に初めて遊びに行った時に初めてカメラに触れました。

私の感じではあまり裕福でない家庭の様なのにと思いました。

又そのお母さんは可なり節約家(ケチ)なのにと思いました。

そん従兄弟がカメラを何台か持っていて、

従兄弟のお母さんが、何故カメラ好き(興味)を許したのか

不思議でした。  続きは次回に

 

スポンサーリンク




 

 

 

私のカメラ教室

★\\!何処を取ればよいか分か分かり辛い!//★

 

今回の撮影会は川沿いと公園

安治川隧道(あじかわずいどう)(引用)

大阪市西区と此花区を結ぶ日本初の沈埋トンネル

「安治川隧道(あじかわずいどう)」。

1944年(昭19年)に完成し、

戦時中の空襲の被害もなく

現在も貴重な交通手段として残っています。

 

通れるのは、歩行者と自転車のみ。

川底なので、夏涼しく冬暖かく過ごしやすいトンネルです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに

行かれた時に秘密の抜け道に利用できるかも?

この建物の裏に流れている「安治川」には、

人と自転車のみが通行できる、

「海底」ならぬ全長約80mの「川底トンネル」があるのです

大阪市南西部は河川が多く、船舶の航行盛んで架橋が困難だったため、

古くから大阪市による渡船が多数運航されていました。

 

安治川を渡る人・自転車の交通量の増加にともない、

「安治川隧道(あじかわずいどう)」は

1944年(昭19年)9月15日に開通しました。

開通にともない4つの渡船が廃止され、安治川隧道の場所にあった

「源兵衛渡船」もその中のひとつ。

現在は「源兵衛渡」交差点にその名を残すのみとなっています。

 

●今回の撮影会ついて先生の話

今日は曇りなので「空は撮らない方が良いですとのアドバイス」

始めに安治川隧道の撮影に行ったが、

私には写真が撮れる所が分からない

エレベーターで下に降りトンネルを渡って居たらガイドさんか

交通整理の方か分からないが、写真撮影は人を前から撮らないで

下さいと、注意された「写真を撮る人が多いのだ」と感じた。

 

川沿いはあまり撮る所がなかった、古い倉庫の写真を撮ったが

あまり面白い写真は撮れていいないと思う。

 

・階段の撮影

安治川隧道で川を渡ったので、元の場所に戻るのには川を渡らなけば

ならない、その橋は高い所にあり階段を上がる必要があり、30枚程の

写真を撮ったし時間も可なりかかった。

     ★\\!階段の撮影!//★

◆撮影で教えて貰ったこと

・曇り空は写さない。

・階段での撮影は写真になる人が通まで待つ。
 
(今回はHさんのアドバイスで、青の傘とピンクのスカートの方)

・落書きの撮影、何処に落書きがされていいるかバックを考える。

 (模様がうまく写真に写るか考えること)

・公園での撮影、お父さんと子供、お父さんの手のみ(ボールを持った手)

 子供は全部入れて撮る。光がさしていれば子供に光が当たった時に撮る。

・川の長く並んだ杭の撮影、杭を主にボートは副(添える)かたちで撮る。

 

・写真を縦横3分割し交わったところに主となる被写体を置く

・モデルさんになってほしい人には声をかけて、ポーズを取って貰って

 撮影する(声をかけて断られてもともとの勇気)

・どの様に工夫すれば写真になるか考える。(近くにある物を使う、動かす)

今回撮影会で感じたこと、上手な人に付いて生き、いかに上手く教わるか。

 

最後に

皆さんは最近どんな写真を撮られましたか?

綺麗な写真が撮れましたか、

朝、昼、夜何時頃の写真ですか、場所はどこですか。

小学生、中学生、・・・退職後

今、女性に人気があるようですが、貴方は写真を何時撮られていますか

写真(カメラ)の思いでについてお話下さい。

写真撮影会に参加しませんか(第三日曜日)、興味のある方連絡下さい。

メッセージはこちらからお願いします。
  midorikamera@gmail.com  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

「撮影会」についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

メッセージはこちらからお願いします。
  midorikamera@gmail.com  
 
※ご質問やメッセージ等頂いた個人情報は完全にお守り致します

※当ブログは信用第一に考えております。

 読者さんを不安にさせるような迷惑メール類は一切送りませんので

 安心ください。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
 http://nurukanpou.com/puraibasi

  
発行情報

「発行者」やまいち
 
****************************

 

スポンサーリンク