★写真撮影・長居植物園★

   
こんにちは、

緑の写真クラブのやまいちと申します ☆^^♪

昨日は良い縁がありましたか?

縁と聞いて何が浮かんできますか?

「今日の縁(えん)を大切にしましょう」

やまいちブログを御覧頂き有難うございます。

■梅雨時期の撮影

皆さんは梅雨の時期に、何回撮影に行かれましたか、行かれますか?

雨の日の撮影はどちらかと言ううと、あまり行きたくないですよね

でも雨の日は晴れた日と風景が全然違いますやね、雨の日の撮影は

色も可なり違ってきます。(傘の色も面白い)

雨の日は出ていくのも億劫ですし、持ち物が多くなります

例えば、ビニール傘・合羽・タオル・ビニール袋等皆さん方は最低限何を

持って行かれますか?

雨の日に一人で撮影に行った経験はありませんが、撮影会に参加

しました時には、可なり色とりどりの写真が撮れましたよ

皆さんも一度、雨の日に撮影に行ってみて下さい面白い写真が撮れると

思います。

私は6月の撮影会で植物園に参加しましたが、良かったか、悪かったのか

幸い良い天気でした、 小雨の紫陽花が撮りたっかたのですが。

スポンサーリンク

長居植物園(引用)

園内の広さは24.2haあり、緑に囲まれた都会のオアシスです。

自然史博物館と一体となった植物園として、

昔から現代までの大阪に生息した植物の移り変わりを知ると共に、

大阪の自然について、いろいろな観点から学ぶことができます。

また、園内には約1,200種類の植物があり、ツバキ園、ボタン園、

バラ園、ハナショウブ園、アジサイ園、ハーブ園など11園の専門園や、

万葉のみち、580平方メートルの大花壇など、

季節に応じた花々を楽しめるレクリエーションの場ともなっています。

 

黒門市場(引用)

浪速っ子の胃袋をあずかり、

卸売と小売の機能を兼ねそなえた江戸時代後期からつづいている市場。

千日前から南へ約580mの間に、

鮮魚をはじめ青物・果物、飲食、衣料品など約170店舗が軒を並べ、

平日は約18000人、年末になると約15万人がやってくる。

文政5~6年(1822-1823)ごろ、

日本橋の圓明寺付近にあった黒い山門のあたりに商人が集まり、

堺や紀州から入ってきた魚を売ったのがその始まり。

明治45年(1912)の難波火災によって寺とともに焼失するまでは、

「圓明寺市場」と呼ばれていたそうだ。

その後は大阪の大空襲で再び焼失したが、戦後に復興して現在に至っている。

料亭の板前さんの買い出しが多いことから、市場にはフグやすっぽんの店が多い。

年末には大勢の買い物客で活気あふれる。大阪なんばからもほど近い黒門市場は、

大阪の台所と言われる食べ歩き天国です。

海鮮、果物、喫茶店まで活気のある市場でたくさんの食文化にふれることができます

最後に

皆さんは最近どんな写真を撮られましたか?

綺麗な写真が撮れましたか、

朝、昼、夜何時頃の写真ですか、場所はどこですか。

小学生、中学生、・・・退職後

今、女性に人気があるようですが、貴方は写真を何時撮られていますか

写真(カメラ)の思いでについてお話下さい。

写真撮影会に参加しませんか(第三日曜日)、興味のある方連絡下さい。

メッセージはこちらからお願いします。
  midorikamera@gmail.com  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 皆さんは縁(えん)というものを何時頃感じましたか?

 私は緑が好きですが、皆さんは如何ですか

 緑(みどり)に付いてメッセージをお待ちしております。

メッセージはこちらからお願いします。
  midorikamera@gmail.com  
 
※ご質問やメッセージ等頂いた個人情報は完全にお守り致します

※当ブログは信用第一に考えております。

 読者さんを不安にさせるような迷惑メール類は一切送りませんので

 安心ください。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
 http://nurukanpou.com/puraibasi

  
発行情報

「発行者」やまいち
 
****************************