★\\写真撮影・現像共に終了!//★

こんにちは、

緑の写真クラブのやまいちと申します ☆^^♪

昨日は良い縁がありましたか?

縁と聞いて何が浮かんできますか?

「今日の縁(えん)を大切にしましょう」

ブログを御覧頂き有難うございます。

前回からの続きの話、私の子供頃の話

■写真撮影・現像共に終了

毎週土曜日に友達3人でそれどれの写真を現像していました。

その日によって綺麗にできたり、出来なっり楽しい週末でした

又、友達で身体の悪い(自分ひとりでは動けない)子がいましたので

その友達に出来あがた写真を見せると、自分が現像したように喜んで

くれました。

私は毎日の様に身体の悪い友達と遊んでいました。

他にも、4人で百葉箱等を作って週末に楽しんでいましたが

中学生後半になり、受験勉強で4人で集まれなくなり写真の現像も

出来なくなりました。

私は一人で、たまに写真を撮ったり現像もしていましたが、楽しく

なくなり、写真撮影も現像もやめてしまいました。

その後、成人になり新しくカメラを買いましたが、

あまり撮影の記憶がありません。

■大阪府 四天王寺

私は何回か四天王寺さんにお参りしたことがあるが

春の桜の時期にお参りした記憶が一番残っている

丁度桜が満開で人も多く、非常に桜が綺麗だったのを思い出します。

四天王寺(してんのうじ)(引用)

四天王寺(してんのうじ)は、

大阪市天王寺区四天王寺にある寺院。

聖徳太子建立七大寺の一つとされている。

山号は荒陵山(あらはかさん)、

本尊は救世観音菩薩(ぐぜかんのんぼさつ)である。

「金光明四天王大護国寺」

(こんこうみょうしてんのうだいごこくのてら)ともいう。

『日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に

造立が開始されたという。

当寺周辺の区名、駅名などに使われている「天王寺」は

四天王寺の略称である。

また、荒陵寺(あらはかでら)・難波大寺(なにわだいじ)・

御津寺(みとでら)・堀江寺(ほりえでら)などの

別称が伝えられている。

宗派は天台宗に属していた時期もあったが、

元来は特定宗派に偏しない八宗兼学の寺であった。

日本仏教の祖とされる「聖徳太子建立の寺」であり、

既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から、

1946年に「和宗」の総本山として独立している。

転法輪 (引用)

「転法輪はお釈迦様の教えが他に転じて伝わるのを「

輪」にたとえたもので仏教の象徴です。

合掌して「心が清浄になりますように」と

唱えて軽く右に回して下さい。

また転法輪は「仏陀が教えを説いた場所」という

意味を表すチャクラ(法輪)を小さくしたものとか。

チャクラは古代インドの戦車の車輪を形どったもので、

転法輪という王様が輪宝によって敵を破ったことにたとえ、

仏の教えが車輪のように世界へ転じて人々の迷いを打ち砕くことを

念じたのが始まりと言われています。

門を通る時これをまわすのは

「仏の法を教えて下さい」という挨拶代わりといわれています。

 

■四天王寺の亀 (引用)

亀の池に石舞台が架かる。

広島・厳島神社の平舞台(国宝)、

住吉大社の石舞台(1607年=慶長12年・重要文化財)

とともに「日本三舞台」のひとつで、重要文化財に指定されている。

豊臣秀吉の側室、

淀君の寄進との伝えもある=三善貞司「大阪史蹟(しせき)辞典」。

当初は木造だったが、文化5(1808)年に再建された際に、

現在の石造りとなった。

最後に

皆さんは最近どんな写真を撮られましたか?

綺麗な写真が撮れましたか、

朝、昼、夜何時頃の写真ですか、場所はどこですか。

小学生、中学生、・・・退職後

今、女性に人気があるようですが、貴方は写真を何時撮られていますか

写真(カメラ)の思いでに付いてお話下さい。

写真撮影会に参加しませんか、興味のある方連絡下さい。

メッセージはこちらからお願いします。
midorikamera@gmail.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

皆さんは縁(えん)というものを何時頃感じましたか?

私は緑が好きですが、皆さんは如何ですか

緑(みどり)に付いてメッセージをお待ちしております。

メッセージはこちらからお願いします。

midorikamera@gmail.com

※ご質問やメッセージ等頂いた個人情報は完全にお守り致します

※当ブログは信用第一に考えております。

読者さんを不安にさせるような迷惑メール類は一切送りませんので

安心ください。

●プライバシーポリシーをご覧ください。
http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

「発行者」やまいち

****************************