★\\!緑と青は何が、何処が違う!//★

こんにちは、やまいちと申します ☆^^♪

やまいちのブログを御覧頂き有難うございます。

貴方は「緑」で何を連想されますか、何が浮かんできますか?

昨日は「緑」の物、緑風景を見られましたか?

今回は「緑」と「青」に関する話を書いたいきます。

緑と青

緑は中間的な色なので周囲の色によってイメージは左右されるようです。

緑色と黄色との混ざった色で作られる「緑」はこの2つの色と似たイメージを

持っているといえます。

「緑」は少し控え目な色なので他の色とバランスが取れやすい色と言われます。

「緑」は青と表現されることもよくあります。

例えば

青信号、青リンゴ、青汁、青虫、青竹等は実際は緑色ですが青と言われます。

人工的に作られた「緑」には、色々ありますが、野球場やサッカー場などの芝生、

又、ビリヤードのテーブル等、人工的な緑よりも植物等の天然の緑の方が、より

癒しの効果を感じやすいようです。

スポンサーリンク




「緑」は安全、安心の色とも言えます。

例えば、非常口のマークや工事現場で見かける緑十字があります。

又、薬局や薬店、ドラックストアでも「緑」がよく使われているイメージがありますが

皆さんはどんなイメージを持たれますか?

緑の負のイメージでは、英語でのグリーンという言葉には 嫉妬心、嫉妬深、未熟と

いう意味があるようです。

又、カビが発生したりすると水が汚染されていく腐敗した時の色のイメージが

「緑」の負(マイナス)のイメージと言えると思います。

皆さんは負のイメージで何を考えられますか?

私は眠れない時や疲れているとき、何時も「緑色」の風景をイメージします。

<自然の緑からのイメージ>

山奥の緑、小川、滝、山や小川付近にある草花等自然の風景や物をイメージ

すると寝やすいです。

皆さんは眠らない時は何を考え、イメージすると寝やすくなりますか?

私は、山奥の緑が好きです。

季節は梅雨時と冬の緑の風景が大好きです。

奥深い山の中の百合1輪の風景が大好きです。(何回か書きましたが)

自然のガムとは

子供の頃、毎日山に登り木の実をおやつ代わりに食べていました

季節毎にいろんな木の実があり、おやつには不自由しませんでした。

おやつで、思い出しましたが皆さんは「とりもち」て知ってますか?

そうです、あの「ネバネバ」のモノです。

とりもちは、2~3ミリ程度の小さな緑色の実で、実を一つ一つ潰して「ガム」の

様にして噛みます。「ガム」位になるには可なりの量の実が必要になります。

「とりもち」は一度服につくと取れませんので困った事もよくありました。

一度つくと取れないということで「小鳥」を取るのにも使われると聞きました。

  (小鳥が可哀そうと、誰かに怒られそうですが)

「とりもち」の実は高い松の木の上にあり取るのが大変でした。

高い松の木の上にある「とりもち」に付いて詳しい方お話を聞かせてて下さい。

話が逸れましたが、緑色は心や身体の疲れを癒し、疲れた目を優しく

休ませてくれます。

「緑」の鎮静作用で緊張を緩和し、リラックスさせてくれて穏やかな気持ちを

与えるてくれるといえます。

自然の「緑」を大切にしましょう。

植物の緑色から、新芽、成長や生命的なイメージを感じさせてくらます。

次回も植物の「緑」について書いていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

皆さんは「緑」(みどり)で何をイメージされ、何が浮かんで来ますか?

「とりもち」に付いてもお話を聞かせて下さい。

 お気軽にメッセージください。

メッセージはこちらからお願いします。
midorikamera@gmail.com

※ご質問やメッセージ等頂いた個人情報は完全にお守り致します

※当ブログは信用第一に考えております。

読者さんを不安にさせるような迷惑メール類は一切送りませんので

安心ください。

プライバシーポリシーをご覧ください。

http://nurukanpou.com/puraibasi

発行情報

「発行者」やまいち

****************************

 

スポンサーリンク




********************************