★塗る漢方講座★

こんにちは、やまいちと申します。

皆さんは漢方薬を飲まれたことはありますか?

飲みにくいと思われたことはないですか?

飲みたいと思ったことはないですか?

みなさま、『塗る漢方』ってご存じですか?

塗る漢方って何?(聞いたことはあるが分からない)

塗る漢方の原料・・・何を使うの

塗る漢方の伝わる経路・・・漢方薬と何が違うの

塗る漢方の使い方 (漢方薬の塗る漢方とは違うの)

他のアロマ精油との違い 何が違うの

塗る漢方のやまいちと申します。

あなたの気になる部分を漢方オイルを

使ってマッサージして下さい。

だから相乗効果が期待できるのです。

 
使用しているオイルは、漢方薬を作る

薬草から抽出されたもので、約1トンの
 
薬草から2キログラムを作り出す貴重なものです。
 

この薬草のオイルは濃縮したままつか
 
えますので、効果が違います。

しかも粒子が細かい、その比は地球と1円玉ほどだそうです
 
ので、お肌に塗布したり深呼吸で鼻から吸った精油は、

すぐに吸収できます。

どうして粒子が細かいと吸収が早いのか?
 
世界初のナノテクノロジーのオイルだから皮膚からも

すぐ浸透していきます(大脳皮層まで約0、6秒)。

 
香りを鼻や皮膚から、肺や大脳へと漢方の精油が早く伝わり、

あなたの症状に応じて即効が期待できます。
 
 
どうやって調合したオイルを吸収するの?

 
調合オイルを直接皮膚に塗る方法:首やこめかみ、

頭皮に、皮膚  大脳へ塗るサプリ

 
調合オイルを嗅ぐ方法:ゆっくり鼻から吸って、

ゆっくり口から吐き出します。

鼻  肺・大脳へ吸うサプリ

 
精油を吸収するとどうなるのか?

 
あなたの体調に合わせてオイルを調合します。

調合したオイルを肩のこりの部分に塗ったり、
 
浮腫んだ脚の塗って軽くこすリ込む様にマッサージします。
 

即効性について
 
 ナノテクノロジーにて分子を素粒しているために一般のアロマと
 
 比較しますと、 地球と一円玉ほどの大きさの違いとなります。

 呼吸から、約0,6秒の早さで大脳辺縁系へ到達、

 また約0,8で肺胞を通過し血液から全身へとめぐります。
 
 経皮吸収の場合は、約5分6秒ほどで毛細血管 
 
 へ到達し、血液中の酸素や栄養素と共に全身を巡り、

 約2時間半のケアを終えそのあと、
 
 汗や尿などで完全に排出できるものです。
 
 このように、安心&安全な技術と抽出方により、

 植物のエネルギーをそのまま体内に取り入れることができ、
 
 しかも副作用も常用性の心配がありませんので、
 
 身近な未病ケアアロマとして、すべての方にオススメ致します。

メーカーによって原料が柑橘系が多いメーカーと生薬系が多いメーカーが

あります。

塗る漢方の原料(一部)

 カテキン(緑茶): コレステロールの低下作用・

         :殺菌作用・整腸作用

 
 ヨモギ     :抗アレルギー作用・殺菌作用・

         :血液浄化作用

 
 柑橘      :抗酸化作用・健胃作用・調整作用

 
 ローズ     :浄化作用・抗うつ作用・美肌作用

         :ホルモン作用
 
 
 紫蘇      :整腸作用・健胃作用・解毒作用

         :血液浄化作用
 
 
 バジル     :鎮痛作用・消化促進効果・抗菌作用

         :抗炎症作用
 
 
 薄荷      :解毒作用・解熱作用・鎮痛作用

         :殺菌作用

    

健康情報はこちらから
 ↓↓↓ ↓↓ ↓
http://nurukanpou.com/kenkou/

*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

 ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

「塗る漢方をもっと知りたい」
 
▼詳しくはこちらから
 ↓↓↓ ↓↓ ↓
http://nurukanpou.com/tukaikata/  

発行情報

 [発行者]  やまいち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

スポンサーリンク