★塗る漢方講座★

くしゃみがやたらに多い

 薄い鼻水がたらたらと出る

 鼻がつまって辛い

 目がはれていたい

 目が充血して痒い

 喉の不快感(エヘン虫)

 咳がよく出る

 体が熱っぽい

 

こんにちは、やまいちと申します☆^^♪

 

・まぶたが腫れぼったい、目がかゆくて涙目になってしまう。

・鼻が詰まって口呼吸になってしまい、みっともない。

・花粉の季節になると鼻水が止まらず、声の調子が悪くなる。

・身体全体がだるく重い、仕事中は眠くてしょうがない。

・コンタクトレンズで外出すると、目がとても痛い時がある。

塗る漢方のやまいちと申します。

今日はアロマ・ハーブについて書いて行きます。

       
・貴方の好きな香りは何ですか?

・最近素敵な香りい出会いましたか?

・貴方の好きな香りは?

・毎日違った香りを感じますか?

 私、今日は

 オレンジスイートの精油の香りを嗅いでみました。

 この香りを知らない人は無いと思いますがミカンの仲間です。

 コタツでミカンと言った感じの香りと言えます。

 親しみやすく甘くフレシユな香りは心を明るくして

 不眠解消に効果的です。おやすみ前にお使い下さい。

 寝つきを良くしてくれます。

 <オレンジスイート>

 緩和・消化器系機能調整   肝、胆・ 気虚・気滞・

 おなじみのオレンジの香りです。

 鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせ、明るくさせてくらます。

 使いやすい精油です。

 

オレンジ画像

 

冒頭のメッセージボードにもありました様に

 
 くしゃみがやたらに多い

 薄い鼻水がたらたらと出る

 鼻がつまって辛い

 目がはれていたい

 目が充血して痒い

 喉の不快感(エヘン虫)

 咳がよく出る

 体が熱っぽい

これは「花粉症」の症状です。

そこで

今回は「花粉症」について書いていきます。

■■■━━芳香療法(アロマ精油)━━ ■■■
■■                  ■■
■      症状別治療法                       ■

┏━┓
┃☆┃    花粉症
┗━┻━━━━━━━━━━━━━

花粉症(スギ花粉)の時期が関西では2月から3月にかけてピークがくると

考えられます。ピークは少し過ぎましたがあなたは大丈夫ですか?

花粉症の原因の代表格はスギ花粉。

スギは昔からありますが、昔に花粉症なかったと思われる。

花粉症はある日突然反応するようになる人もいます。

花粉症は都会に多い。

田舎には「スギの木」は多いはずですが花粉症は少ない

花粉症の発症する人が田舎より都会に多いのは

原因が花粉だけでなく、大気汚染やストレスと関係が

あると考えれれます。

花粉症の主な症状は大きく分けると

次の三つになると考えられます。

あなたの辛い症状は何タイプですか?

「水っぽい花粉症」:くしゃみ・鼻水・鼻づまり

「熱っぽい花粉症」:目がはれていたい・喉が渇く・熱が高い

          目の充血や痒み

「呼吸器系が弱い」:喉の不快感・咳・皮膚が弱い

==花粉症に期待できるアロマ精油==

花粉症はアレルギーの一種ですが

遺伝的な素因に加えて空気中に

飛散するハウスダストが引き金になって

鼻水・くしゃみ・涙目などの

アレルギー症状を引き起こします。

花粉症は漢方的には「気」が不足し、

免疫機能の変化によって起こると

考えられます。

呼吸系の疾患が関係すると思われ

「肺」とまた「脾」関係が弱い人も

花粉症の症状が出やすい様です。

以下のようなアロマ精油をお試し下さい。

 室内          外出先            マスクで使用

・マートル・・・2滴   ・ラベンダー・・・1滴   ユーカリまたは

・ユーカリ・・・1的   ・レモン・・・・・2滴   ペパーミント

・ラベンダー・・1滴   ・ローズマリー・・3滴   マスクに垂らす

 (芳香浴)        (オーデコロンを作る) 1滴では香りが強すぎます

水っぽい(くしゃみが多い・薄い鼻水がよく出る)

ティートリー+ユーカリ(各2、3滴)をキャリヤオイルとブレンド

(希釈濃度1~2%)(敏感肌0,5%)

キャリヤオイル:ホホバオイル

腕に塗布しマッサージ

◇なかなか眠れない時(くしゃみ・鼻水・鼻詰まり等がひどい)

ティートリー+ラベンダー(各1、2滴)をキャリヤオイルとブレンド

胸元に塗布しマッサージ

________________________________

<ティートリー> 免疫賦活・消炎・鎮痛・抗菌   肺、大腸・気虚

殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用に優れた精油です。

風邪の季節のよどんだ空気を浄化したり、

消毒に用いることができます。

<ユーカリ> 消炎・抗菌・去痰  肺、大腸 ・気虚

爽やかなハーブ、薬草の香りです。

優れた殺菌作用があり、古くなら傷薬や、

うがい薬の成分として用いられてきた精油です。

<ラベンダー> 鎮静・鎮痙・消炎・細胞修復・抗菌  心、小腸 血虚

日本では、北海道富良野などで栽培され、有名なハーブです。

鎮痛作用、鎮静作用、炎症を抑える作用などがあり、

身体と精神の両面にたいして広く用いられている精油です。

花粉症の春

春の到来は、花粉症にはつらい季節の始まりです。

風邪の冷たさに身を包みながら、でも確実に春はやってきます

そして心と体が目覚める時でもありますし、

気持ちもウキウキさせてくれて

本当に待ち通しい季節ですが、

春の来るのが怖いといわれる方もおられます。

それは、ひどい鼻水に悩ませられておられる方、

くしゃみ、目のかゆみなどのアレルギー症状が出るのが花粉症です。

==花粉症に期待できると思われる==

■ハーブティー
 
 毎日のティータイムに花粉症の症状を緩和させる

 ハーブティーを飲みましょう。

 エルダーフラワー(ハーブ)小サジ1

 ネトル(ハーブ)小サジ1

 ローズヒップ(ハーブ)小サジ2/1

 

<ローズヒップ>

体内のビタミンCは炎症が起こると消費されるので、

その分のビタミンCの補給する目的で服用すると良いと思われる。

味の方はとても酸味が強いので、苦手と言う人も

中にはいると思われる。

酸味が大丈夫もしくは酸味が好きという人はお勧めで、

美容効果もかなり高いので美容も心がけている人は

手を出しておきたいハーブティーだといえる。

<エルダーフラワー>

粘膜や毛細血管の炎症を抑える、花粉症に効果的と思われる。

<ネルト>

炎症緩和・アレルギーを抑えれ働きがある。

 

健康情報
↓↓↓ 
http://nurukanpou.com/kenkou/

*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 アロマについてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

 ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

 

アロマの香りと漢方を融合さ作られたのが

「塗る漢方」です。

▼詳しくはこちらから
↓↓↓ ↓↓ ↓
http://nurukanpou.com/tukaikata/

 

 今後とも宜しくお願い致します。

発行情報

 [発行者] やまいち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆=花粉症でお困りの方==

花粉症に限らず、鼻水や鼻づまりの人にも

愛用されているのがアロマオイル。

・ティートリー・ユーカリラジアタ:抗ウイルス、抗菌、抗炎症作用

・ペパーミント:興奮した神経のクールダウン作用。

・カユプテ:呼吸器浄化、感染症予防、鎮痛作用。

・ラベンダー:鎮痛、精神安定作用。

◆使い方◆   

・鼻づまりで苦しいときに、胸の辺りの肌に、直接シュッ

・車の中のモワーッとする嫌な臭いにシュッ

・花粉の季節にマスクやハンカチにひと吹き

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TL0RF+584ZXU+21YI+I2PXF

=====================================================