★塗る漢方講座★

◆緑の健康教室9-3

緑の風景9月

 

◆フラワーエッセンス(花 療 法)

◆イギリスのエドワード・バッチ博士

◆フラワーエッセンスの選び方

◆フラワエッセンスの使い方

塗る漢方やまいちと申します。

フラワエッセンスにつて書いていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あなたは夢をよくみられる方ですか?」

 ・夢で会いたい人に会ったり、

 ・昔を思い出したり。

 自分の思う様に夢がみられたら「ストレス」の解消に

 なるでしょうか、あなたはどう思われますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も緑の健康教室(花療法)について書いていきます。

あばたはフラワエッセンスをご存じですか?

フラワーエッセンス療法とは、

フラワーエッセンス療法は、花の持つエネルギーを人間の内面の癒しと

成長の助けとして取り入れた療法と言えます。

私たちは、花にはその花独特のエネルギーがあることを

経験的に知っています。

たとえば春、満開の桜の下に立った時どんな気持ちになるでしょう。

その時に受け取る印象は夏の日の朝、朝顔の花を目にした時の印象とは

まったく違います。

花は、その花にしかない色や形や香りや姿全体を通して、優しく深く

私たちの内面に語りかける力を持っています。

フラワーエッセンスはそうした花々が持つ固有のエネルギーを

特別な方法で取り出し、私たちが体に摂り入れる(飲む)事ができる

様にしたものです。

この液体に含まれているのは、花の精妙なエネルギーであると言えます。

このようにフラワーエッセンスは、肉体のエネルギーという

非常に精妙なレベルにおいて作用し、感情、精神、そして魂という 
 
私たちの存在の本質の部分に働きかけます。
 
  
フラワーエッセンスは私たちの意識の内的変化を

サポートしてくれるものです。

フラワエッセンスは、特別な場所に咲く花や野生の花の持つエネルギー

(波動・気・生命力)を純粋な水に転写した液体です。

液体の中には、色・味・香りを始めとする花の物理的成分ではなく

花のエネルギーが存在し、主の飲むことを通して、肉体のエネルギー

であるオーラやチヤクラに取り入れます。

フラワエッセンスには副作用はなく、あらゆる治療やセラピーと

併用可能です。乳幼児、動植物、部分場所にも使えます。

そして、飲む以外にも、塗布等の様々な方法で使用できます。

イギリスのエドワード・バッチ博士(同種療法・細菌学者・医学士・理学士

英国外科医・公衆衛生学博士)によって1930年代に作られました。

特に心理レベルによく働きかけます。

<オーラ>
 
肉体の周囲にあるエネルギーの身体で、肉体と健康とも深く関わっている。

オーラは、一人ひとりに備わったエネルギー。

「目に見えない微弱な電磁エネルギー」「生命エネルギー」です。

(3層~6層があると言われている)

<チヤクラ>サンスクリット語で両輪・渦を意味しています。

 一般的には主要チヤクラは7つあると言われ、肉体の中心線上の

 位置に対応して並んでおり、それぞれが精神的霊的性質を持って

 いるとされています。

 *チャクラは体の中心線上に縦に並ぶ生命エネルギーの出入り口で

  あってコントロールセンターです。

□■= 但し、オーラ・チヤクラともに様々な説があります。=□■

==フラワーエッセンスの選び方====

適切に選択することは、非常に大切です。フラワエッセンスは

自分に合わないものを使用しても何も起こりません。

自然で安全。副作用、習慣性や依存性に心配は一切不要です。

 自分の状態に関係ないものを選んでも大丈夫、もし間違えても
  
 なにも変化が起こらないだけです。

 
 習慣性や依存性がないので、使用を止めたからと言って、

 改善されたものが、もとに戻ってしまうとか 

 、飲まないと具合が悪くなるといったことはありません。

 
 必要な時に必要なだけ使えばよいのです。

 
 他の療法や薬剤とも並行して使うことができ、

 相乗効果を上げていけるのも大きな特徴です。

 まず初めに簡単なフラワーエッセンスの選び方を書きます。

◇今の自分の気分をはっきりと見極め、該当するレメディーを

 すべてリストアップし、重要度に応じてランクづけします。

 症状によって、1種類のレメディーでいい場合もあれば、

 数種類のレメディーをミックスしたほうがいい場合もあります

 いずれにせよ、自分の性格的な特徴によく当てはまる

 タイプレメディーを選べば間違いがありません。

 今強く感じている感情がある場合は、多数のバッチフラワーを取るより、

 数を絞って取ったほうがより効果的です。

_____________________________________________________
 
 *これまでの感情を一気に解決しようとせず、

  まずは今の自分の気分を改善するように心がけましよう。
______________________________________________________

今回は「恐れ」を感じることが多い場合のレメディーを選んでください。

(あらゆる恐れに対応するには、内なる光と繋がる必要があります)

 {下記のクライアントチエックカードから選択下さい}

1、自分をコントロールできず、自分を抑えきれないような

  不安感を感じる。

2、常軌を逸してしまったのではないかとおびえている。

3、自傷行為や自殺衝動、暴力的になっている。

  又、そうなりそうに感じる。

4、ヒステリーやかんしゃくを起こしたり、

  感情を爆発させることがある。

5、自分の健康や生活を脅かすような生活習慣をやめることが

  できないように感じる。
 
 上記の様な項目が当てはまると思われる方は

 <チエリープラム>(フラワエッセンス)をお試し下さい。
 
・バランスの乱れた状態

  心の抑制を失う事への恐れ。恐ろしい事をしてしまう恐怖 
                    
 ・バランスのとれたれた状態
 
  平穏さと気の確かさ。理性と自制心を持って人生に臨める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

{下記のクライアントチエックカードから選択下さい}

1、急に襲ってくるわけの分からない不安、不吉な予感、

  胸騒ぎのような状態を常に感じる

2、振るえを感じたり、鳥肌が立ったり、冷や汗をかく。あるいは、

  胸がしめつけられるような不安感を感じる。
   
3、オカルト的なことや霊的なこと、目に見えないことに

  不安や恐れを感じる。

4、日中、場所を問わず恐怖感が突然訪れる。

5、夜中に悪夢を見て目が覚める。どんな夢だったのか
  
よく覚えていないが、気味の悪い怖さが残る。

 上記の様な項目が当てはまると思われる方は

 <アスペン>(フラワエッセンス)をお試し下さい。
 
・バランスの乱れた状態

  原因のわからない漠とした不安、恐

  れ                                                                   
                     
 ・バランスのとれたれた状態
 
  自信と勇気。穏やかで落ち着いた心。

  見えないものに立ち向かう強さ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

フラワエッセンス

img_hh

======フラワエッセンスの使い方==========

◇回数

 通常は、1回4~5敵を1日4~5回。

 又は、あなたの直感に従て、それ以外に必要と感じた時には

 何時でも何回でも使用可能、必要な時は自然に回数が増えます。

◇使用する時

 一般には3食の少し前、空腹時がいいでしょう。

 その他、寝る前や起きてすぐのあまり思考が働いて
 
 いない時も花のエネルギーを感じやすいでしょう。

◇飲み方

 溶液をスポイドで舌の裏に垂らします。

 すぐに飲み込んでしまわないで、約1分程そのまま

 含みます。意識して飲むと、花のエネルギーが

 広がっていくのを感じられるかもしれません。

============================

貴方はチエリープラム・アスペンの様な不安、恐怖を感じますか?

貴方は「何に」ついて怖さ、不安を感じられますか? 

恐怖症等・不安症のお悩みが中々解消できない方参考にして下さい。

「憂鬱・不安・対人恐怖・過緊張から解放するための具体的方法」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

┌──────────────┐
│ 今月の健康情報    │
└──────────────┘

◆ 肩こり ◆ 

 http://nurukanpou.com/katakori/

************************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 フラワエッセンスお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

 ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

**************************
フラワーエッセンス(花 療 法)に興味をお持ちの方は
下記をクリックを下さい。無料案内
http://nurukanpou.com/hana/

***********************

 詳しくはホームページで

 [URL] http://nurukanpou.com

 今後とも宜しくお願い致します。

 発行情報

  [発行者] やまいち

*****************************