靭公園靫公園(Ⅱ)

季節の特徴(梅雨)

アトピー・に期待できるアロマ精油

体質改善「肺」『脾』「腎」の強化

5月もお肌の手入れをお忘れなく。

  紫外線に注意

塗る漢方のやまいちです。

梅雨  

 揚子江から日本にかけて、5~6月が梅雨
 
 自然界の特徴 長夏(ちようか)(黄河流域では立秋前後が

 年間通して一番雨が降る時期。

季節の特徴(梅雨
 
 梅雨は雨が多く大地を潤します。

 自然を養い生長させ変化させる季節です。
 

 梅雨時期は蒸し暑く湿邪に侵されるやすい時期です。

 「湿」は水の流れの様に低い所へ向かうので、

 
 湿邪の侵入により、下痢・足の浮腫・小便不利
      
 水虫・おりものなどの症状がみられます。

皮膚は漢方的には「肺」の病。皮膚は呼吸と関係があるので「肺」

 

 皮膚に関係するアロマテラピー

  アトピーに期待できるアロマ精油

  皮膚の症状が急に悪化した場合

カモミールローマン+フランキンセンス+ホホバオイル

<カモミールローマン>  鎮痛・緩和・鎮痙  
 
 青いリンゴを思わせる香りです。特に子供に対して優しい香りと

 言われています。不安を鎮め、痛み緩和してくれます。

 敏感は肌やアレルギー体質の方の発疹に有効です。

<フランキンセンス> 鎮静・収斂・緩和・呼吸器系機能調整   

 乳香とも呼ばれ、古くから儀式や瞑想に使われてきました。

 不思議な力をもつ樹脂の香りで、殺菌作用に優れています。

 肌に対して明らかな強壮作用がありまます。

<ホホバオイル>

 肌への浸透性に優れ、酸化しにくい。

_____________________

<漢方五情シリーズ>(肺)

五情・肺

 悲しい事ばかり考える時、呼吸が気になる時などにご使用ください。
 
 期待できる適応例
 
  咳、花粉、鼻炎、イビキ、喘息、無呼吸、肺のトラブル、

  肺機能、鼻水、鼻づまり、乾燥肌、汗をかかない 
 
  マイナス思考、悲しむことが多い、肺癌・肺気腫・肺結核 
 
  などの治療後の回復補助ケア

 

使用方法:         

[1][2]のどちらか。           

[1]胸部に10滴塗布。                          

[2]30分のマスク着用(マスクに3~5滴垂らす

お客さんの声
 
30代女性

  趣味で歌をやっているのですが、近頃、声が出にくくなり、

 「肺」ケアで通勤や会社でマスクに垂らしています。
 
 今は深く呼吸ができて、楽に声が出るようになりました。

  一番始めに吸ったときの、漢方アロマの癒される香りと、
 
  あの感覚が今でも忘れられません。

*************************

塗る漢方による起業をお考えの方下記クリックを下さい。
塗る漢方起業メルマガ(無料)
http://nurukanpou.com/tukaikata/
*************************  

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

あなたの夢を応援するやまいちのアメブロ (^^♪)
⇒http://ameblo.jp/nurukanpoua

 今後とも宜しくお願い致します。

発行情報

 [発行者] やまいち